ジョサイア・コンドル

ジョサイア・コンドル
イギリス、1852-1920

今年(2020年)に没後100年ということで、記念企画などが各所で開催されています。

ジョサイア・コンドル没後100年記念 「コンドルと清泉女子大学本館」 動画公開のお知らせ
https://www.seisen-u.ac.jp/news/20200621-01.php

 

​WP:Ja user Otraff, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=12103469による

 

ジョサイアコンドルは、工部大学校(現東京大学)で御雇外国人建築家として招かれ、1877年(明治10年)に来日しました。
招聘された際の雇用契約の内容としては、工部大学校造家学科教師と工部省営繕局顧問の2つでした。
これにより、日本人建築家の養成をする一方で、日本に本格的な西洋建築を建設するという活動を進めてゆき、建築家という職能を成立させていきました。

こうしてJ.コンドルから学んだ4人の第1期生が卒業していき、その後、在任期間中にあわせて21人の日本人建築家を輩出しました。

 

《コンドルの主な代表作》

鹿鳴館
東京都千代田区(1883年)明治16年現存せず
設計: ジョサイア・コンドル
文明開花のシンボルとして知られる社交クラブです。政府のもくろむ欧化政策(条約改正)の一環として建てられました。

 

不明 – http://www.stained.co.jp/history2.html, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2595593による

 

 

三菱一号館
東京都千代田区(1896年)明治29年
設計: ジョサイア・コンドル
国内初の本格的なオフィス建築になります。煉瓦造りの地下1階地上3階建となっており、1968年に解体されましたが、2010年に美術館などの複合施設として復元されました。この時に、特例容積率適用地区制度を活用して、東京駅の未利用容積を取得することにより、丸の内パークビルディングと共に一体的に建設されました。

 

不明。 – 三菱地所株式会社社史編纂室編 『丸の内百年のあゆみ:三菱地所社史』 三菱地所、1993年、上巻122頁, パブリック・ドメイン, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=2305366による

 

旧岩崎久彌邸
東京都文京区と台東区(1896年)明治29年
設計: ジョサイア・コンドル
親しく交流のあった三菱財閥を興した岩崎弥太郎の本邸になります。
洋館と撞球室(ビリヤードルーム)と和館があり、本格的な洋風建築と和風建築の融合された建築となっています。

 

Wiiii – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=11177862による

 

 

ニコライ堂
(1891年)明治24年
写真の現在の姿は1929年に修復されたものになります。

 

Wiiii – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10604800による

 

古河邸(現・大谷美術館)
東京都北区(1896年)明治29年
設計: ジョサイア・コンドル
煉瓦造りの2階建の洋館になります。外壁は粗面仕上げによる重厚な印象となっており、内部は1階が公的な空間である一方、2階を和のしつらえのある私的空間となっています。

 

Wiiii – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=6617669による

 

三井家綱町別邸(現・三井倶楽部)
(1913年)大正2年

 

Wiiii – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10580985による

 

 

第1期生は以下の4人になります。

辰野金吾(1854-1919):イギリス留学
代表作:日本銀行中央停車場(東京駅)など

片山東熊(1853-1917):フランス留学
代表作:東宮御所(現・迎賓館)など

曽禰達蔵(そね たつどう)(1852-1937)
代表作:小笠原伯爵邸など

佐立 七次郎(さたち しちじろう)(1856-1922)
日本水準原点標庫、旧日本郵船小樽支店など

 

その他の主な卒業生は以下になります。

妻木頼黄(1859-1916):工部大学校を1882年に中退(多分第3期生)。
アメリカで学びドイツに留学、横浜正金銀行(現・神奈川県立博物館)赤レンガ倉庫など

久留正道(1855-1914):第3期生。
建築家として活躍。代表作は旧帝国図書館(現・国際子ども図書館)

吉井茂則(1857-1930):第5期生。
逓信省建築家として活躍。代表作は京都郵便局、中京郵便局など。

 

写真引用:ウィキペディア

 

 

世界平和記念聖堂

世界平和記念聖堂
日本・広島県(2005年)
設計:村野藤吾

 

世界平和記念聖堂は、戦後の世界平和の実現を願って献堂されたカトリック教会になります。

写真引用:http://arch-hiroshima.info/

 

広島が原爆により被災した際に、この地にあった幟町教会の主任司祭として被爆し、奇跡的に生き残ったドイツ人神父フーゴー・ラサールの熱意により、ローマ法王をはじめとするキリスト教世界の支援のもと「世界平和記念聖堂」として再建されました。

 

平面の構成は、一般的な教会によくみられる三廊式バシリカ形式となっており、西洋の中世におけるロマネスク建築的な構成がみられます。

写真引用:http://arch-hiroshima.info/

 

全体はモダンなスタイルを基調としつつ「日本的性格」を、敷地の入口にある鳥居のようなゲートや聖堂の手前にみられる太鼓橋、エントランス付近ある欄間に格天井やドームの頂点に載る鳳凰など、各所で表現しています。

写真引用:http://arch-hiroshima.info/

 

写真引用:http://arch-hiroshima.info/

 

外観は鉄筋コンクリート造の構造に、中空レンガを積んで壁としています。
レンガを突出させてアクセントとしていたり、粗い目地による仕上げなどにより彫りの深い外観となっています。

写真引用:http://arch-hiroshima.info/

 

この教会は、当初、コンペにて設計者を選定する予定でしたが、一等案なしの結果に終わりました。最終的には審査員であった村野藤吾自身が設計を担当しました。

 

 

村野藤吾の代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

1954年 世界平和記念聖堂
1963年 横浜市立大学
1974年 迎賓館本館改修 

 

写真引用:arch-hiroshima

 

 

島根県芸術文化センター「グラントワ」

島根県芸術文化センター「グラントワ」
日本・島根県(2005年)
設計:内藤廣

 

島根県芸術文化センターは、「島根県立石見美術館」と「島根県立いわみ芸術劇場」の複合施設になります。

「建物は街に語りかけている」をコンセプトにしています。

様々な機能の集合体であるこの建物は、その規模からして一つの街区のようなものです。ここから益田の街の未来が広がっていきます。建物は街に語りかけているのです。ここから始めましょう、と。

「グラントワ(Grand Toit)」はフランス語で「グラン=大きい」、「トワ=屋根」の意味を持ち、島根県が誇る石州瓦をもちいた切妻(きりづま)屋根の特徴をうまく表現しています。

 

石見地域の芸術文化拠点として、美術や音楽、演劇などの分野において多様な質の高い芸術と劇場を一体とした芸術文化複合施設です。

この施設は、日本三大瓦の一つとされるとても耐候性の高い赤茶色の「石州瓦」を、屋根のみならず、壁にも仕上げ材として使用されています。

 

 

建物は平家による平面構成となっており、大ホール・展示室・小ホール・美術館ロビー・回廊・多目的ギャラリー・スタジオ1、2といった構成になっています。

中央に計画された回廊を巡らした大きな中庭により、様々な機能をまとめ上げています。中庭の大きさは45m四方となっており、中央には25m四方の鏡のように静かな水盤がありますが、イベントの状況により水を抜いて広場として使うこともできるようになっています。

 

内藤廣は海の博物館の設計で日本建築学会賞、第18回吉田五十八賞、芸術選奨新人賞美術部門などを受賞
代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

1992年 海の博物館
1997年 安曇野ちひろ美術館
1999年 牧野富太郎記念館
2002年 ちひろ美術館・東京
2005年 島根県芸術文化センター
2015年 静岡県草薙総合運動場体育館「このはなアリーナ」

各種受賞歴
平成19年7月20日 第48回BCS賞(建築業協会賞) 受賞
平成19年2月6日 第14回しまね景観賞大賞 受賞
平成20年9月 第14回甍賞金賞 受賞
平成20年10月 UD賞(アーバンデザイン賞)2008 受賞
平成22年10月 第12回公共建築賞・特別賞 受賞
平成25年1月 平成24年度地域創造大賞(総務大臣賞) 受賞

 

写真引用:石州瓦工業組合

土浦亀城自邸〈第2〉

土浦亀城邸〈第2〉
1935年、東京都
設計:土浦亀城
東京都指定有形文化財

 

土浦亀城は、大倉土木株式会社(現在の大成建設)の設計部長でした。工業化や規格化をはかることを意識した乾式工法への取り組みは、大学の後輩である市浦と共に進められ、木造乾式工法として提案されました。土浦亀城自邸第1(1931年)、市浦自邸(1932年)と二人は相次いで自邸をこの木造乾式工法で設計しました。

その4年ほどのちに、土浦は自邸の第2を設計しました。

 

第1では、石綿スレートパネルを用い、パネル目時にはルーフパテを使用して目地を消しています。そして、断熱と防音を兼ねて籾殻を使用するといった様々な工夫を凝らしています。

第2においても、外壁は石綿スレート下地の上に白い防水セメントで仕上げられており、モダニズムらしい真っ白な箱状の外観となっています。昭和戦前の木造乾式工法によるモダニズム住宅として最も優れた作品といわれています。

 

敷地は南向き斜面となっており、これを巧みに生かして吹き抜けのある居間空間を中心に、地下室を含む5つのレベルで構成された豊かな内部空間が立体的に構成されています。

 

 

同時期のこのような乾式工法によるモダニズム建築への取り組みとしては、ドイツのジードルンクに強く関心を抱いていた蔵田周忠による等々力住宅地計画として4棟取り組まれています。

スキップフロアー的なワンルーム空間にみえますが、このように垂直方向に流動的な空間を生み出した作風は土浦亀城ならではといえます。

 

妻信子やルドルフ・シンドラー、ヴェルナー・モーザー、リチャード・ノイトラらとともにタリアセンでフランク・ロイド・ライトに学んでいます。そうそうたる顔ぶれですね。

 

そのほかの写真については下記をご覧いただければと思います。

住宅遺産トラスト
http://hhtrust.jp/hh/tutiura.html

 

写真引用: https://twitter.com/shinagawacity/status/1184006973701799941

カイシャ・フォーラム・マドリッド

カイシャ・フォーラム・マドリッド
スペイン・マドリッド(2008年)
設計:ヘルツォーク&ド・ムーロン

カイシャ・フォーラム・マドリード(CaixaForum Madrid)は、美術展示や音楽祭、各種フェスティバル、マルチメディアアート、討論会などの会議や教育など各種ワークショップ等、コンテンポラリーアートに特化したソーシャルカルチャーの拠点となっています。

 

By User: (WT-shared) Davidx at wts q373, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=22895854

 

カイシャ・フォーラムは、カタロニアのラ・カイシャ貯蓄銀行が設立したラ・カイシャ財団による社会文化機関ですが、煉瓦造りのメディオディア電気公社の発電所を改修して文化センターにリノベーションされました。

ヘルツォーク&ド・ムーロンによる改修設計のキーワードとしては、「垂直な庭園」と、その「空中浮遊」的な形態があげられます。

発電所の煉瓦の外壁は残されているため、周辺環境との調和が図られており、基礎部分を取り除いたピロティ状の広場と、隣のガソリンスタンドを解体した広場連続させた公共空間を持っています。

 

施設の敷地面積は2,000 m2以上あり、展示フロアには、展示室、メディアライブラリー、講演会などで使用できる多目的ルーム(講堂)、会議室(2室)、322席のホール、遊戯スペース、保存・修復工房、芸術作品倉庫があります。

また、利用者サービス施設として、カフェ・レストランやショップ・書店もあり充実しています。

 

 

By Luis García, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=15964078

 

 

By Gryffindor – Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=5337261

 

カイシャ・フォーラム・マドリッド公式HP
https://caixaforum.es/es/madrid/home

 

ヘルツォーク&ド・ムーロンは2001年にプリツカー賞を受賞しています。
代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

2000年 テイト・モダン
2003年 プラダ青山店
2006年 フォンフ・ホーフェ街区
2008年 北京国家体育場
2008年 カイシャ・フォーラム・マドリッド
2009年 ヴィトラ・ハウス

 

写真引用:ウィキペディア

 

 

テイト・モダン

テイト・モダン
イギリス・ロンドン(2000年)
設計:ヘルツォーク&ド・ムーロン

 

Bernard Gagnon – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3664995による

 

テイト・モダンは国立の近現代美術館になります。イギリスには、国立美術館ネットワークである「テイト」があり、その一つになります。

テート・モダンは火力発電所であった元バンクサイド発電所の建物を改修してモダンアートの美術館となりました。元の発電所の設計は、イギリスの赤い電話ボックスの設計で有名なサー・ジャイルズ・ギルバート・スコットによるものです。

この建物は99mの高さの煙突や重厚な煉瓦の仕上げとなっており、改修の際もそのまま残されています。

改修においては、1994年に開催された建築設計競技により、スイスの建築家であるヘルツォーク&ド・ムーロンの案が選ばれて改修設計されました。

 

Hans Peter Schaefer – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=486320による

 

この改修設計において、発電機のあった巨大なタービン・ホールは、5層吹き抜けの大エントランスホールにしたほか、屋上には採光窓やレストランなどのあるガラス張りのフロアが計画されました。
このタービン・ホールでは、様々なイベントやアートのインスタレーションが展示されています

なお、発電所建物を再利用した7階建ての本館は、新館である「スイッチ・ハウス」開館の後に「ボイラー・ハウス」と呼ばれるようになりました。

 

また、テート・モダンへのアプローチルートとして、ミレニアム・ブリッジがありますが、この美術館と共に2000年のミレニアム事業の一環として作られました。

この歩道橋はイギリスのミレニアムプロジェクト(2000年記念事業)のひとつとしてテイトモダンと同じくコンペを開催し、アラップ、フォスター・アンド・パートナーズ、アンソニー・カロによる設計案が選ばれました。

 

パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=189163

 

余談ですが、ミレニアムブリッジは2000年6月10日に開通したものの大きな横揺れの発生により2日後に閉鎖されました。原因は人が歩くときの歩調により橋の固有振動周期が荷重の周期に近かったため、共振が起きたためとされました。その後、共振を抑えるダンパー設置工事をして2002年に改めて開通されました。

「ハリーポッターと謎のプリンス」の冒頭で、デスイーター達が派手に壊した橋としても知られています。

 

ヘルツォーク&ド・ムーロンは2001年にプリツカー賞を受賞しています。
代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

2000年 テイト・モダン
2003年 プラダ青山店
2006年 フォンフ・ホーフェ街区
2008年 北京国家体育場
2008年 カイシャ・フォーラム・マドリッド
2009年 ヴィトラ・ハウス

 

写真引用:ウィキペディア

 

ライヒスターク

ライヒスターク:ドイツ連邦議会議事堂
(旧ドイツ帝国議会議事堂、ドイツ国国会議事堂)
ドイツ・ベルリン(1894年、1999年改装)
設計: パウル・ヴァロット
改修設計:ノーマン・フォスター

Gerdt, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2800075による

 

この建物は、ドイツ・ネオバロック様式である旧帝国議会議事堂ですが、1933年に不審火によって炎上し、1999年に修復されました。
現在はドイツ連邦議会の議場として使われており、修復については、1992年の建築設計競技にてイギリス人建築家ノーマン・フォスターが選ばれて改修設計を実施しました。

 

中央にある議事堂頂上の巨大なガラス張りのドームは19世紀末の議事堂建設時のガラスドームの存在を意識していて、ドームの内部には、見学者のための二重螺旋のスロープが巡らされています。

 

Michael J. Zirbes – de.wikipedia.org: 18:21, 17. Apr 2006 . . Mijozi (Diskussion) . . 834 x 667 (156323 Byte) (* Bildbeschreibung: Deutscher Reichstag, Berlin (Vogelperspektive) * Quelle: Privatarchiv * Fotograf/Zeichner: Michael J. Zirbes * Datum: September 2004 ), パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=715380による

 

このドームの屋上からはベルリン市街を望むことがでみます。また、下を見ると議場を見ることができるギャラリーになっています。

 

Sfl0res – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=28511548による

 

ノーマン・フォスターは1999年にプリツカー賞を受賞しています。
代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

1985年 香港上海銀行
1991年 センチュリータワー
1998年 香港国際空港ターミナルビル
2000年 大英博物館グレーコート
2002年 ロンドン市庁舎
2004年 30セント・メリー・アクス (スイス・リ本社ビル)
2004年 ミヨー橋
2017年 Apple Park(アップル・パーク)

 

写真引用:ウィキペディア

 

 

 

マイレア邸

マイレア邸
フィンランド・ノールマルック(1939年)
設計:アルヴァ・アアルト

 

アルヴァ・アアルトは、フィンランドの世界的建築家で北欧モダンのデザインとして日本でも知られています。

 

アアルトは建築と家具を相互に補完し合うものと考え、建築だけでなく家具や照明器具、ガラス製品、テキスタイルまで幅広く手がけています。

アルテックという自ら立ち上げた自身のデザイン作品を生産・販売するための企業があり今でも販売されています。

代表的な作品としてスツール60や、パイミオチェアとも呼ばれるアームチェア41900ティートロリー等の家具があります。

 

 

1939年に竣工したこの建物は、ミッドセンチュリーの時代より早い時期に北欧モダンを体現していました。

産業革命後のこの時代は、スチールやコンクリートのほかプラスティックなどといった新しい素材が生まれました。

当時の建築家やデザイナーがこれらの新建材に惹かれている中で、アアルトは木の可能性を追求し、周囲の自然と調和した建物を生み出したといえます。

マイレア邸は、小高い丘の森の中に立地しており、自然との調和を体現しています。

 

アアルトの作品の中でも、このマイレア邸は最高傑作とも言われており、プランだけでなく細部に至るまで、アアルトらしい表現が多くみられます。

 

よく言われるのが、「King of Waves」とも表現されている曲線のデザインです。外観内観ともに曲線のデザインがあり、ランドスケープにおいても池のデザインなどで曲線は多用されています。

マイレア邸においても、外観で木の線材を縦方向に並べて多用した曲線のデザインを見ることができます。

そして、L型の平面形状の建物で囲まれるように計画されたプールは曲線で構成されています。

 

また、引き戸がよく使われていることでも知られています。

 

アアルトの代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

1933年 パイミオのサナトリウム
1939年 マイレア邸
1954年 ムーラッツァロの実験住宅
1959年 ルイ・カレ邸

 

日本にもファンが多いアアルトですが、アアルト自身も日本の建築や文化を評価していたことで知られています。

1930年代からアアルトは国際建築協会(CIAM・近代建築国際会議など)のメンバーとなり様々な活動していました。

 

マイレア邸webサイト
https://www.villamairea.fi/en/

Alvar Aaltowebサイト
https://www.alvaraalto.fi/en/information/alvar-aalto/

 

画像引用:ウィキペディア

 

 

建築書

著作名:建築書
著 者:ウィトルーウィルス(BC33年〜22年頃)

古代ローマ時代に書かれた世界最古の建築書です。なんと今でも翻訳もされて売っています^^

 

 

日本でよく使われている、アーキテクチュア(architecture)の英語の語源は、ラテン語の architectura になります。

 

このarchitectura を書名とした古代ローマの建築の指南書であり、現在にまで伝わっている体系的な書物のうち最も古い最古のものであり、また最も重要な書物になります。

 

内容は大きく3つの部門から構成されており、「建物をつくること」「日時計をつくること」「機械をつくること」の3つになります。

 

当時の建築技術の主流となっていた「オーダー」についての概念を記しているだけでなく、「建築は用、強、美の三つで成立する」という有名な定義もこの書に記されていたものになります。

 

古代ローマ時代に建築されていた建物としては、アテネのアクロポリスにある「パルテノン神殿」や「パンテオン」などがあります。

 


Top