Browse Category: 西洋

マイレア邸

マイレア邸
フィンランド・ノールマルック(1939年)
設計:アルヴァ・アアルト

 

アルヴァ・アアルトは、フィンランドの世界的建築家で北欧モダンのデザインとして日本でも知られています。

 

アアルトは建築と家具を相互に補完し合うものと考え、建築だけでなく家具や照明器具、ガラス製品、テキスタイルまで幅広く手がけています。

アルテックという自ら立ち上げた自身のデザイン作品を生産・販売するための企業があり今でも販売されています。

代表的な作品としてスツール60や、パイミオチェアとも呼ばれるアームチェア41900ティートロリー等の家具があります。

 

 

1939年に竣工したこの建物は、ミッドセンチュリーの時代より早い時期に北欧モダンを体現していました。

産業革命後のこの時代は、スチールやコンクリートのほかプラスティックなどといった新しい素材が生まれました。

当時の建築家やデザイナーがこれらの新建材に惹かれている中で、アアルトは木の可能性を追求し、周囲の自然と調和した建物を生み出したといえます。

マイレア邸は、小高い丘の森の中に立地しており、自然との調和を体現しています。

 

アアルトの作品の中でも、このマイレア邸は最高傑作とも言われており、プランだけでなく細部に至るまで、アアルトらしい表現が多くみられます。

 

よく言われるのが、「King of Waves」とも表現されている曲線のデザインです。外観内観ともに曲線のデザインがあり、ランドスケープにおいても池のデザインなどで曲線は多用されています。

マイレア邸においても、外観で木の線材を縦方向に並べて多用した曲線のデザインを見ることができます。

そして、L型の平面形状の建物で囲まれるように計画されたプールは曲線で構成されています。

 

また、引き戸がよく使われていることでも知られています。

 

アアルトの代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

1933年 パイミオのサナトリウム
1939年 マイレア邸
1954年 ムーラッツァロの実験住宅
1959年 ルイ・カレ邸

 

日本にもファンが多いアアルトですが、アアルト自身も日本の建築や文化を評価していたことで知られています。

1930年代からアアルトは国際建築協会(CIAM・近代建築国際会議など)のメンバーとなり様々な活動していました。

 

マイレア邸webサイト
https://www.villamairea.fi/en/

Alvar Aaltowebサイト
https://www.alvaraalto.fi/en/information/alvar-aalto/

 

画像引用:ウィキペディア

 

 

建築書

著作名:建築書
著 者:ウィトルーウィルス(BC33年〜22年頃)

古代ローマ時代に書かれた世界最古の建築書です。なんと今でも翻訳もされて売っています^^

 

 

日本でよく使われている、アーキテクチュア(architecture)の英語の語源は、ラテン語の architectura になります。

 

このarchitectura を書名とした古代ローマの建築の指南書であり、現在にまで伝わっている体系的な書物のうち最も古い最古のものであり、また最も重要な書物になります。

 

内容は大きく3つの部門から構成されており、「建物をつくること」「日時計をつくること」「機械をつくること」の3つになります。

 

当時の建築技術の主流となっていた「オーダー」についての概念を記しているだけでなく、「建築は用、強、美の三つで成立する」という有名な定義もこの書に記されていたものになります。

 

古代ローマ時代に建築されていた建物としては、アテネのアクロポリスにある「パルテノン神殿」や「パンテオン」などがあります。

 

ファンズワース邸

ファンズワース邸
アメリカ・シカゴ(1950年)
設計:ミース・ファン・デル・ローエ

 

 

ファンズワース邸は、シカゴ郊外にあるフォックス川のほとりにある広い林の中に建てられた週末住宅です。

高床式になっているのは、川の氾濫に対しての対応で1.5mほど高くなっています。
折しも現在(2020年5月)川が氾濫して床下浸水しているとの情報がファンズワース邸公式サイトでも写真付きで掲載されていました。

ファンズワース邸公式サイト
https://farnsworthhouse.org/

ミース・ファン・デル・ローエは近代建築の3大巨匠の一人として有名ですが、鉄とガラスを生かした作品を多く設計しています。
このファンズワース邸も鉄の柱とガラスによる大開口が特徴的です。

 

 

写真を観察すると、床スラブ屋根スラブがあり、その外側に8本の柱(H鋼)溶接されているのが分かります。そして、内部には柱がありません。

 

 

では内部を見てみましょう。
内部はユニバーサルデザインと呼ばれる柱がない空間になっており、水回りやキッチンを中央に配置したセンターコアタイプになっています。コアの周りが、ワンルーム的に自由に使えるようになっています。

 

 

日本にはミース・ファン・デル・ローエのファンがかなりいます、それもF.L.ライトファンと並ぶ熱狂的なファンが^^
私見ですが、おそらく鉄と柱によるシンプルなデザインと高さを抑えたプロポーションが日本人受けするのかとも思われます。日本には大仏様や唐様といった大陸渡来起源の様式と別に、和様という校倉式のような高床式から派生したと思われる和様の様式があります。それらと共通する部分があるように感じます。

そのような美意識は、ミース・ファン・デル・ローエの言葉 Less is more 「より少ないほど、より豊か」にもよく現れています。

 

なお、ミース・ファン・デル・ローエはバウハウス3代目校長も努めていました。

 

写真引用:ウィキペディア

 

 

パルテノン神殿

パルテノン神殿(紀元前447−432ギリシャ・アテネ)世界遺産

エジプトや地中海周辺は紀元前の建物の残る古い歴史を持つエリアになります。その中の一つにギリシャ・ローマ時代の建築がありますが、とりわけよく知られているのが「パルテノン神殿」かと思います。

 

紀元前8世紀頃より、ギリシャ人はポリスとよばれる小国家を建設していました。そこでハイレベルな文明を築いてきましたが、都市の要塞エリアである「アクロポリス」と生活エリアとなる「アゴラ」という大きく2つのエリアで都市を構成していました。

アゴラエリアには神殿や議事堂などもあり、「パルテノン神殿」もこのエリアであるアテネのアクロポリスの丘に建築されています。

現在修復中のパルテノン神殿

パルテノン神殿は紀元前432年頃に建設されたと言われていますが、この頃「オーダー」と呼ばれる建築のある意味手法を生み出しています。適当に作るのではなく、序列や配列などルールに基づいて構成する形式が出来上がったと言えます。

そういう意味ではオーダーは建築・設計技術といえます。この世界最古ともいえる建築の手法はウィトルー・ウィウス著作による建築書として残されています。現在でも読むことができますし、日本語訳も出版されています。

オーダーには「ドリス式」「イオニア式」「コリント式」の3種類があり、パルテノン神殿においてはドリス式とイオニア式が採用されています。

パルテノン神殿は、神殿の外周部に柱が並ぶ周廊式になっています。ここで使われているのがドリス式のオーダーです。
柱はほんの少し傾けられています。これは床が凹んで見えないようにするための視覚的な工夫です。また、柱の真ん中あたりが少し太くなっているのも安定して見えるようにするための視覚効果の工夫で、エンタシスと呼ばれています。

内部には部屋がありますが、その一つに使われている柱はイオニア式のオーダーとなっています。

現在の姿は大理石の白い色をしていますが、実は当時はカラフルであったことが最近の調査でわかってきています。

歴史の変遷のムービーがYouTubeに公開されていました。
https://www.youtube.com/watch?v=3T7_oi985dg#action=share

 

写真引用:ウィキペディア

サン・ピエトロ大聖堂

サン・ピエトロ大聖堂
16〜17世紀:バチカン市国

St Peter s Square Vatican City April 2007

旧聖堂*1)の改築により建てられた世界最大の教会堂です。
計画にはミケランジェロベルニーニなどの多くの芸術家が参加しています。ルネサンスからバロック時代にかけて作られた建物です。
ルネサンスでは集中&求心的な平面ですが、この大聖堂はバロック的な軸性の感じられる平面や楕円をモチーフにした形状が見受けられます。

Vatican StPeter Square

中央にある巨大なドームはミケランジェロのデザインがベースとなっており、正面に張り出した長方形の部分はマルデナによる建造です。また、全面広場と「コロネード」と呼ばれる列柱はベルニーニによる建造となっています。

View of saint Peter basilica from a roof

楕円形の広場は軸性が感じられる形状であり、中央には「オベリスク」が配置されています。

*1)旧サン・ピエトロ大聖堂
使徒ペテロの墓の上に建てられた教会堂。現在のサン・ピエトロ大聖堂の前身

写真引用:ウィキペディア

ユニテ・ダビタシオン

ユニテ・ダビタシオン
フランス・マルセイユ(1952年)
設計:ル・コルビュジエ

Unité d Habitation01

近代建築の三大巨匠の1人であるル・コルビュジエによる17階建ての高層集合住宅です。
337戸からなる大規模な集合住宅であり1500〜1600人程度の人々が現在も生活しています。
コルブの提唱していた都市計画を集合住宅でも実現するため、住居のみならず公共施設幼稚園などを計画しています。また、1階は都市計画的な公共ゾーンと捉えたピロティとなっていますが、設計意図と異なり現状は自転車やバイク置き場となっています。
住戸タイプとしては中廊下型の高密度な集合住宅であり、各住戸はメゾネットタイプとなっています。メゾネットの断面形状を活かしてリビングは天井の高さが約4.8メートルの高階高住戸となっており、平面だけではなく空間の高さに豊かさを求めた計画となっています。
住戸間口は3.66メートルとなっているが、各部分の寸法はコルブの人体の寸法を考慮したオリジナルの寸法体系であるモデュロールや黄金比を考慮した設計となっています。

Unité d Habitation02

写真引用:en.wikipedia

ハーレン・ジードルンク

ハーレン・ジードルンク
スイス・ベルン(1961年)
設計:アトリエ5

1024px Halen 002

写真引用:en_Wikipedia

郊外に立地した低層集合住宅です。敷地面積は25000㎡あり、住戸は75戸にて構成されています。

南向きの傾斜面に計画されたテラスハウス(約200人が入居)となっており、公共施設等が含まれているほか広場、ガソリンスタンドなど一通りそろっています。

800px Thalmatt 1 005

写真引用:en_Wikipedia

設計者のアトリエ5のメンバーはル・コルビュジエの設計したユニテダビタシオンの影響を受けているといわれています。
平面計画をみると間口がユニテダビタシオンとおなじ寸法となっており、ユニテダビタシオンを横倒しにしてテラスハウスとして再構成しようとしたともいわれています。
建築家6人にて協同で土地を購入にして建築をしているあたりに思い入れの深さが感じられます。

800px Halen 015

写真引用:de_Wikipedia

低​層​集​合​住​宅​の​新​し​い​方​向​を​示​し​た​建築であり​、​江戸川アパートにみられる生涯を過ごすことのできるアパートとしたコンセプトなど、日​本​の​同​潤​会​ア​パ​ー​ト​や​公​団​住​宅​に​も​影​響​を​与​え​た​作​品​であると考えられます。

ヴォルムス大聖堂

ヴォルムス大聖堂(聖ペーター教会)(ドイツ、1090年頃)

Worms Doom01

ドイツの南西部に位置するラインラント=プファルツ州にある都市ヴォルムスの中心地にある大聖堂です。
ドイツに多くみられるロマネスク建築の教会です。

教会堂の東西両端に各一カ所ずつ内陣を持つ形式である「二重内陣式」となっており、ドイツの聖堂にはタイプが多くみられます。ヨーロッパの聖堂では内陣は1カ所でもう一方を出入り口(ファサードを構成)にしているものが多いので珍しいと言えます。

なお、「内陣」とは聖職者などが使用する教会堂内の奥まった部分のことを指します。通常柵や障壁で区画し大祭壇が安置されています。建築的にはアプス*1)の外周の側廊、周歩廊、祭室を含めて内陣と呼びます。

*1)アプス
建物や部屋に付属して作られる半円もしくは半円形状の平面部分を指します。一般的には建物の外側にまでこの形状が現れますが、内部と異なる形状であることもあり、天井は半ドームをかけていることが多い。ヴォルムス大聖堂のような教会堂では、このアプスを身廊東端に設けて大祭壇を配置しますがほかにも方形の形状のものなどもみられます。

写真引用:ウィキペディア

パリ・旧オペラ座

パリ・旧オペラ座(ガルニエ宮)
フランス(1874年)
設計:シャルル・ガルニエ

Opera Garnier01

セーヌ県知事オースマンによるパリ市街区の整理再構築(パリ大改造計画)が進められる中、設計公募によりシャルル・ガルニエの案が採用され建設されました。












Paris Opera Garnier Grand Escalier 02

外観および内装はナポレオン三世のし好により「ネオ・バロック様式」でつくられました。そのため「スゴンタンピール(第二帝政様式)」とも呼ばれています。
このネオ・バロック様式は、豪華絢爛な装飾や多くの彫刻が飾られているのが特徴です。

また見た目は石造ですが鉄を使用しており、石造では不可能な巨大空間となっています。これにより55m×55mの舞台や2,158の座席が確保されています。観客収容規模でも当時最大の劇場であったといえます。






Palais Garnier03

舞台は「シューボックス型」といわれる形式になっており、舞台と客席の間に「プロセニアムアーチ」と呼ばれる額縁で明確に分けられているのが特徴です。











写真引用:ウィキペディア

落水荘

落水荘(カウフマン邸)
フランク・ロイド・ライト (1936年アメリカ)

Fallingwater01

アメリカのデパート「カウフマンズ」のオーナー、カウフマン氏の週末別荘として設計されたフランク・ロイド・ライトの代表作です。

Frank Lloyd Wright01

F.L.ライト

小さな滝の上に建てられたキャンチレバーで有名です。このキャンチレバーのテラスは7inch(約20cm)くらいのたわみが出て、2002年に鉄骨フレームによる修復がされました。

外観は組積造の仕上げをした鉄筋コンクリート造となっており、滝や周囲の森などの自然と一体化したデザインで有機的な建築となっています。


Top