Browse Category: 日本古代

賀茂別雷神社

賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ) 本殿、権殿(1863年、京都府)

賀茂別雷神社は通称「上賀茂神社」と呼ばれており、京都北部に立地しています。

賀茂別雷神を祀る神社は全国に数多くありますが、その広く普及する要因を多く持っている神社です。

本殿は、切妻・平入流造の形式となっており神社としての必要な空間を持っています。
流造は全国で最も普及している形式で時に寺院でもみられることがあります。

流造の形状は、写真(本殿には入れなかったので境内の建物をみてください・・)のように桁側がスキーのジャンプ台のように反っているのが特徴です。
その反りの先に前面の庇といえる向拝(こうはい)の屋根になります。

 

境内の建物の多くに流造がみられる

神社ですが、伊勢神宮や出雲大社のように千木(ちぎ)や鰹魚木(かつおぎ)はありません

柱は掘立(ほったて)や礎石(そせき)ではなく井桁(いげた)の上に建っており、これは春日大社でもみられます。

井桁:建物の足元に横材があります

境内にあるほとんどの社殿(建物)が国の重要文化財指定を受けています。

また、社殿ほかを維持継承するために、式年遷宮(しきねんせんぐう)を行っているため平安時代からほぼ変わらずの姿を維持していることから平成6年に境内全域を対象として世界文化遺産に登録されました。

式年遷宮は、伊勢神宮や出雲大社でも行われています。

写真撮影:ブログ管理者

平等院鳳凰堂

平等院鳳凰堂(1053年、京都府)

十円玉でお馴染みの平等院鳳凰堂は、鎌倉時代に入る少し前に藤原氏により宇治の別荘を寺院とした建物です。

この頃は、豪族が勢力を誇る荘園時代で鎌倉時代に入るのはここから100年ほど先になりますが、既にこのような洗練された建築が生まれていました。

当時、貴族と呼ばれる上流階級の人々は、阿弥陀仏を拝み極楽浄土の夢をみていました。この平等院鳳凰堂もその流れを汲み、阿弥陀如来の住んでいるという極楽浄土をイメージして造られています。

この建物は阿弥陀堂ですが、一般的には「鳳凰堂」と呼ばれています。
鳳凰が翼を広げているかのような姿より江戸時代に鳳凰堂と呼ばれるようになったと言われています。

 

建物の中央に配置されているのが中堂になります。中堂の身舎には庇をつけず、直接裳階を取り付けています。

中堂内部には阿弥陀如来像が鎮座しており、内部の装飾は極楽浄土を表現した華麗な彫刻を見ることができます。当時は着色が施されていたことがわかっています。中堂から両側に伸びているのが翼廊、後ろに張り出しているのが尾廊になります。

手すりに見える高欄の位置を高くし、また、屋根の反りをつけ、あたかも今から羽ばたくかのような姿になっています。

南北に位置する翼廊は人が入れないほど屋根裏が低くなっていますが、これは足元も高い床を張って足の下の空間を作り、庭園の広がりを建物を通して感じるようにする視覚的な仕掛けになっています。

 

写真撮影:ブログ管理者

如庵

有楽苑(うらくえん)如庵(じょあん)
1617年
愛知県

joan01

写真:サイト管理者撮影2014年6月

織田有楽斎(1547-1621)は信長の実弟で茶の湯の創成期に尾張国が生んだ大茶匠です。その波瀾に富んだ生涯の晩年、有楽は武家を棄て京都建仁寺(けんにんじ)の正伝院*1)に隠棲しました。如庵はその境内に元和4年(1618)頃建てた茶室であり、現存する国宝茶席三名席の一つとして茶道史上貴重な遺構です。

旧正伝院書院は如庵に連なる隠居所であり、重要文化財に指定されています。明治以降これらの遺構は各地を転々としましたが、安住の地を犬山に得て、「有楽苑」と名づけ後世に残すこととなりました(昭和47年)。4000坪の広い苑内には、このほかに茶室元庵及び弘庵などがあります。(ここまで有楽苑説明案内より引用)

joan02

写真:サイト管理者撮影2014年6月

建物の形状の特徴として、正面が柿葺(こけらぶき)*2)の入母屋造りとなっていますが右側の庇が短くなっています。また、正面に向かって左側にアルコーブ状の庇付きの土間があり正面からみえない位置に躙口(にじりぐち)*3)があります。

内部は2畳半台目と呼ばれ、2畳半の畳と1畳の台目畳(だいめいだたみ)*4)と床(とこ)から構成される4畳半となっています。

joan03

写真:サイト管理者撮影2014年6月

窓にも特徴があり、連子窓(れんじまど)*5)や有楽窓(うらくまど)*6)のほか屋根にも突上窓*7)などがみられます。

*1)京都建仁寺(けんにんじ)の正伝院
高僧や祖師の没後に周辺に弟子が構えた居住施設等であり塔頭(たっちゅう)と呼ばれます。

*2)柿葺(こけらぶき)
薄板の小割りにした杉板やサワラ板等を葺いた屋根

*3)躙口(にじりぐち)
だれもが身分に関わらず平等であるという意図を含んだ潜り戸であり引き戸のついた小さな出入り口。

*4)台目畳(だいめいだたみ)
1畳の3/4のサイズの畳。

*5)連子窓(れんじまど)
立て格子状の窓。竹や細木等を使って適当な感覚に並べたもの。

*6)有楽窓(うらくまど)
連子窓の立て格子の間隔を密にして光の入り方を絞ったもの。

*7)突上窓
屋根につけた天窓。

宇佐神宮

宇佐神宮本殿 725年 大分県宇佐市
国宝
八幡造り(切妻屋根、平入り)

Usa jingu01

八幡信仰でよく知られている御祭神である八幡大神が祀られており、全国各地にある八幡神社の総本宮になります。石清水八幡宮、鶴岡八幡宮と共に日本三大八幡宮のひとつになります。
本殿の建築様式は八幡造(はちまんづくり)となっており、二棟の切妻平入りの建物が前後で接続しています。
両殿の間には一間の相の間(馬道)があり、谷になる軒部分に雨樋があります。

写真引用:ウィキペディア







伊勢神宮

昨年2013年は、伊勢神宮の式年遷宮が話題となりました。遷宮は冬至と朔が重なる、朔旦冬至に行われ、20年ごとに隣り合った敷地に交互に新しく社殿を造り替えをおこない、ご神体を移しています。
このとき、宝殿外幣殿、鳥居、御垣、御饌殿など計65棟の殿舎のほか、装束・神宝、宇治橋なども造り替えられます。
朔というのは現在でいう所の「新月」であり、最も暗闇の長い夜です。

Isenaigu01

写真引用:神社本庁サイト
屋根にみえるV字形の飾りが千木(ちぎ)、棟に並ぶ丸太が堅魚木(かつおぎ)

さてこの伊勢神宮ですが、数ある神宮のなかでもここだけは正式名称が「神宮」ですが、最高神(国家神)である天照大神が内宮(ないぐう)に祀られているからです。この直系の生神として天皇家が現在でも受け継がれています。また、理由は定かではありませんが国宝ではありません。

また、天照大神が食の心配をして呼び寄せた豊受大御神が外宮(げぐう)に祀られています。
通常各地の神宮の正殿は「神明造」(しんめいづくり)と呼ばれていますが、ここ神宮の場合は「唯一神明造」と呼ばれます。

この神明造りは切妻屋根に出入り口が桁面にあることより「切妻平入り」と呼ばれています。なお、切妻妻入りでよく知られているのは出雲大社です。

日本の建築設計者がはじめて登場する明治時代に大きな影響を与えたドイツのブルーノ・タウトによる「忘れられた日本」の著書の中に桂離宮や伊勢神宮の見聞した内容が語られています。海外からどうみえるのかを知ることで、理解の深まる事柄も多いかと思います。

最終更新2014.1.6


Top