Browse Month: 5月 2014

スカイハウス

スカイハウス(1958年、東京都)
設計者:菊竹清訓(きくたけきよのり)

Sky house shinkenchiku

斜面地に4本の壁柱によって浮かばせたような、ピロティの上に2階が浮いたような独特の外観となっています。屋根はHPシェル*1)で構成された方形の緩い傾斜の屋根となっており、鉄筋コンクリート造で作られています。

四間四方(約10m)のワンルーム空間となっており、当時のどの潮流にも乗らない独特の構成となっています。居間、食堂、寝室となる部分を「空間装置」、その周囲にある台所、浴室を「生活装置」と表現しています。特に、生活装置のことを「ムーブネット」と表現し、取り替えが可能なムーブネットという考え方は「メタボリズム」*2)に通ずる理念といえるとともに、近代家族像の理想像が具現化されたと評価されています。
浴室等は「設備ムーブネット」と呼ばれ、増築された子供室は「個室ムーブネット」とされています。

この頃1950年代に建てられた近代的な住宅をさす言葉として、今ではお馴染みの「モダンリビング」という和製英語が登場しました。スタイルというよりは、「近代生活を志向した住まい」という意味合いが強いと考えられます。

写真引用:新建築より抜粋



Sky house 02 do co mo mo 100

*1)HPシェル
東京カテドラルの項参照

*2)メタボリズム
建築や都市は、新陳代謝を通じて成長する有機体であらねばならない」という理念。








写真引用:do.co.mo.mo100より抜粋



Sky house01現在のスカイハウス
当時なかった樋がつけられピロティはふさがれています。
写真:サイト管理者撮影2014年4月
追記:2017年6月24日

東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂

東京カテドラル(1964年、東京都)
設計者:丹下健三

Tokyo cathedral01


東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂は、1899年(M.32)に建てられました。木造ゴシック式の聖堂の中に畳が敷かれていたそうです。その後、昭和に入ってからイスが設置されたそうです。

1945年(S.20)に東京大空襲により焼失し、1964年(S.39)に現在の建物となりました。
構造は鉄筋コンクリート造HPシェル*1)であり、ステンレスの仕上げによる十字をかたどった外観が特徴的です。また、内部はコンクリートの打ち放し仕上げとともに音響設計がなされており、頂部の十字に切られたトップライトからの光の演出だけでなく、独特の音場感を抱いた空間を演出しています。
内部に設置されているパイプオルガンはイタリア製で、教会用オルガン*2)としては日本最大です。

*1)HPシェル
Hyperbolic Paraboloid Shell
シェル(外殻)構造の一種。双曲線外殻構造とよばれ、双曲放物線面をもつ殻構造となっており、壁面が柱の役目も兼ねる。
HP面は直線曲面であり、垂直断面が放物線、水平断面は双曲線となる。
力の方向は、上向きに開く放物線方向が引張り力、下向きに開く放物線方向が圧縮力となる。
HPシェルには網形と鞍馬形があり東京カテドラルは8枚のHPシェルを組み合わせた網形である。
なお、楕円放物線面はEP面と呼ばれるものである。

*2)教会用オルガン
明治学院礼拝堂(設計:W.M.ヴォーリズ)のパイプオルガンは、パイプオルガン製作の黄金期(17〜18世紀)の工法すべてを再現した20世紀以降のオルガンとして4台目(日本では初)として知られている。

写真:管理者撮影2014年4月

宇佐神宮

宇佐神宮本殿 725年 大分県宇佐市
国宝
八幡造り(切妻屋根、平入り)

Usa jingu01

八幡信仰でよく知られている御祭神である八幡大神が祀られており、全国各地にある八幡神社の総本宮になります。石清水八幡宮、鶴岡八幡宮と共に日本三大八幡宮のひとつになります。
本殿の建築様式は八幡造(はちまんづくり)となっており、二棟の切妻平入りの建物が前後で接続しています。
両殿の間には一間の相の間(馬道)があり、谷になる軒部分に雨樋があります。

写真引用:ウィキペディア







鹿苑寺(金閣寺)

鹿苑寺(金閣寺)(ろくおんじ きんかくじ)
1398年(京都府)世界遺産

Rokuonji01

足利義満による建立された舎利殿です。三層の楼閣建築となっており、三層目は禅宗様仏堂の形式二層目は和様仏堂風一層目は住宅風と欲張りな構成になっています。当初は北山殿と呼ばれており、北山文化の代表とされていました。足利義満死後、鹿苑寺と呼ばれるようになりました。金閣寺として知られていますがこの名称は俗称です。

また、昭和25年に焼失しており、国宝解除されています。焼失前の写真では二層に連子窓が確認できますが、現在の建物は再建されたもので連子窓はありません。なお、足利義政により慈照寺、いわゆる銀閣寺が建立されているが東山文化の代表とされています。




Rokuonji02


















写真引用:ウィキペディア













Top