Browse Tag: メタボリズム

スカイハウス

スカイハウス(1958年、東京都)
設計者:菊竹清訓(きくたけきよのり)

Sky house shinkenchiku

斜面地に4本の壁柱によって浮かばせたような、ピロティの上に2階が浮いたような独特の外観となっています。屋根はHPシェル*1)で構成された方形の緩い傾斜の屋根となっており、鉄筋コンクリート造で作られています。

四間四方(約10m)のワンルーム空間となっており、当時のどの潮流にも乗らない独特の構成となっています。居間、食堂、寝室となる部分を「空間装置」、その周囲にある台所、浴室を「生活装置」と表現しています。特に、生活装置のことを「ムーブネット」と表現し、取り替えが可能なムーブネットという考え方は「メタボリズム」*2)に通ずる理念といえるとともに、近代家族像の理想像が具現化されたと評価されています。
浴室等は「設備ムーブネット」と呼ばれ、増築された子供室は「個室ムーブネット」とされています。

この頃1950年代に建てられた近代的な住宅をさす言葉として、今ではお馴染みの「モダンリビング」という和製英語が登場しました。スタイルというよりは、「近代生活を志向した住まい」という意味合いが強いと考えられます。

写真引用:新建築より抜粋



Sky house 02 do co mo mo 100

*1)HPシェル
東京カテドラルの項参照

*2)メタボリズム
建築や都市は、新陳代謝を通じて成長する有機体であらねばならない」という理念。








写真引用:do.co.mo.mo100より抜粋



Sky house01現在のスカイハウス
当時なかった樋がつけられピロティはふさがれています。
写真:サイト管理者撮影2014年4月
追記:2017年6月24日

中銀カプセルタータワービル

中銀カプセルタワービル(1972年)
設計者: 黒川紀章

Nakagin Capsule Tower01

銀座に建築された集合住宅です。
特徴的なカプセルの集合体はPS(パイプスペース)のシャフトに取付けられており交換(新陳代謝)が可能となっています。これはメタボリズム*1)の方法論を実現した建築として知られています。

カプセルの大きさはW2.5m×D4.5m×H2.5mでトラスで構成された箱となっている。また、シャフト(人工土地)はSRC造で2本あります。

近年、建て替え問題があり解体されるという話題からアーカイブとして残すすべがないかという観点より仮想3D空間内にアーカイブを構築するといった試みも行われている。(筆者もアーカイブ構築に参画)

ケンプラッツ:「入ってみる?」 黒川紀章氏のカプセル建築を仮想3D体験

黒川紀章「中銀カプセルタワー」 IN SECOND LIFE

*1)メタボリズム:社会の成長や変化に対応しこれを促進するため、社会や都市、建築などを古い細胞が新しい細胞に入れ替わるように新陳代謝をしていく構想。1959年に黒川紀章や菊竹清訓ら日本の若手建築家・都市計画家グループが開始した建築運動。

写真引用:ウィキペディア



Top