Browse Tag: フランク・ロイド・ライト

帝国ホテル(旧館)

帝国ホテル(旧館)
神奈川県(1923年)
設計:フランク・ロイド・ライト

Th teikokuhotel 01

写真:サイト管理者撮影2014年6月

近代建築三大巨匠のひとりであるF.L.ライト*1)の日本国内における作品です。
竣工して落成式のその日に関東大震災に見舞われましたが倒壊を免れた経緯をもっています。
スクラッチ模様のレンガ*2)や大谷石で外部内部共に仕上げられています。そしてテラコッタの幾何学的な彫刻など派手に装飾が施されています。

Th teikokuhotel 03

写真:サイト管理者撮影2014年6月

写真ではこまかな装飾の隙間から光が差し込む様子が見られます。ちょっとやり過ぎ感もありますが、外国の賓客を迎えるホテルということもあったのでしょう。
なお、装飾はタイルやレンガ、石を多用していますが構造は鉄筋コンクリート構造です。

Th teikokuhotel 04

写真:サイト管理者撮影2014年6月

平面計画は、エントランスを中心に左右対称の形状となっており、中心のゾーンにエントランスのほか宴会場や厨房があります。両サイドには中廊下型の客室棟がありましたが、現在はエントランス・玄関部分のみ愛知県の明治村に移築保存されています。

Th teikokuhotel 02

写真:サイト管理者撮影2014年6月

*1)F.L.ライト
近代建築の三大巨匠と呼ばれています。ほかにはル・コルビュジエやミース・ファンデル・ローエが挙げられます。

*2)スクラッチ
引っ掻きキズのような模様を指します。

自由学園明日館

自由学園明日館 1921年(大正10) 重要文化財
フランク・ロイド・ライト、遠藤新

Jiyu gakuen myonichikan01

近代建築の3大巨匠と呼ばれる設計者の1人であるフランク・ロイド・ライトにより設計された木造建築です。
ライトが旧帝国ホテルの設計のため来日している時に依頼されており、途中で帰国をしています。ライトの帰国後は弟子である遠藤新により引き継がれました。

中央にある2層吹き抜けや、プレイリースタイル(草原様式)が特徴的な建物となっています。
プレーリーハウスはロビー邸などライトの他の作品にもみられる特徴で、低めの建物が広く水平に広がったような形状が特色です。

1999年〜2001年まで保存修理工事がおこなわれ、現在は建物見学などのほか結婚式場としても利用されています。

フランク・ロイド・ライトは色恋沙汰などスキャンダルに事欠かない話題性のある人物でもありますが、その辺りのお話しは改めて人物記事を書くときに取り上げたいと思います。

遠藤新はライトの一番弟子とも言われており、この自由学園の南沢キャンパス木造校舎群を設計したことでも知られています。

写真引用:ウィキペディア

自由学園明日館HP

落水荘

落水荘(カウフマン邸)
フランク・ロイド・ライト (1936年アメリカ)

Fallingwater01

アメリカのデパート「カウフマンズ」のオーナー、カウフマン氏の週末別荘として設計されたフランク・ロイド・ライトの代表作です。

Frank Lloyd Wright01

F.L.ライト

小さな滝の上に建てられたキャンチレバーで有名です。このキャンチレバーのテラスは7inch(約20cm)くらいのたわみが出て、2002年に鉄骨フレームによる修復がされました。

外観は組積造の仕上げをした鉄筋コンクリート造となっており、滝や周囲の森などの自然と一体化したデザインで有機的な建築となっています。


Top