Browse Tag: 内藤廣

島根県芸術文化センター「グラントワ」

島根県芸術文化センター「グラントワ」
日本・島根県(2005年)
設計:内藤廣

 

島根県芸術文化センターは、「島根県立石見美術館」と「島根県立いわみ芸術劇場」の複合施設になります。

「建物は街に語りかけている」をコンセプトにしています。

様々な機能の集合体であるこの建物は、その規模からして一つの街区のようなものです。ここから益田の街の未来が広がっていきます。建物は街に語りかけているのです。ここから始めましょう、と。

「グラントワ(Grand Toit)」はフランス語で「グラン=大きい」、「トワ=屋根」の意味を持ち、島根県が誇る石州瓦をもちいた切妻(きりづま)屋根の特徴をうまく表現しています。

 

石見地域の芸術文化拠点として、美術や音楽、演劇などの分野において多様な質の高い芸術と劇場を一体とした芸術文化複合施設です。

この施設は、日本三大瓦の一つとされるとても耐候性の高い赤茶色の「石州瓦」を、屋根のみならず、壁にも仕上げ材として使用されています。

 

 

建物は平家による平面構成となっており、大ホール・展示室・小ホール・美術館ロビー・回廊・多目的ギャラリー・スタジオ1、2といった構成になっています。

中央に計画された回廊を巡らした大きな中庭により、様々な機能をまとめ上げています。中庭の大きさは45m四方となっており、中央には25m四方の鏡のように静かな水盤がありますが、イベントの状況により水を抜いて広場として使うこともできるようになっています。

 

内藤廣は海の博物館の設計で日本建築学会賞、第18回吉田五十八賞、芸術選奨新人賞美術部門などを受賞
代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

1992年 海の博物館
1997年 安曇野ちひろ美術館
1999年 牧野富太郎記念館
2002年 ちひろ美術館・東京
2005年 島根県芸術文化センター
2015年 静岡県草薙総合運動場体育館「このはなアリーナ」

各種受賞歴
平成19年7月20日 第48回BCS賞(建築業協会賞) 受賞
平成19年2月6日 第14回しまね景観賞大賞 受賞
平成20年9月 第14回甍賞金賞 受賞
平成20年10月 UD賞(アーバンデザイン賞)2008 受賞
平成22年10月 第12回公共建築賞・特別賞 受賞
平成25年1月 平成24年度地域創造大賞(総務大臣賞) 受賞

 

写真引用:石州瓦工業組合

海の博物館

海の博物館(1992年、三重県)
設計者:内藤廣(ないとうひろし)

Toba Sea Folk Museum01

1985年に収蔵資料の一部が重要有形民俗文化財*1)に指定されたことにより、文化庁の補助も利用しながら現在の場所に移転新築されました。

建物は、漁船や漁具等を展示・保管するため研究棟・収蔵庫(3棟)・展示棟(2棟)で構成されています。

収蔵品の保管状況が至適となるような配慮がいくつもなされています。
湿度を必要とする船の保管には土間を計画したり、乾燥が必要な衣服や古文書の保管には杉板仕上げなどを施しているほか、海の近くであることから塩害に対して瓦屋根としたり、シーズニング*2)を考慮してコンクリートからのアルカリ成分の影響を低く抑えるためのプレキャストコンクリートの採用といったきめ細かな対策がとられています。

Toba Sea Folk Museum03

また、木造の展示棟は壁面による展示はほとんどありません。内部空間は木造の大架構により1室空間となっています。

*1)重要有形民俗文化財
5万点を超える実物収蔵資料のうち7千点弱の重要有形民族文化材を収蔵している。
重要有形民俗文化財指定基準(文部科学省)

*2)シーズニング
展示品・収蔵品の変質・劣化防止のため、コンクリート打設後に、躯体から放散されるアルカリ質の除去を行うこと。
1万㎡規模の建設工事においてのシーズニング期間は、約20ヶ月程度である。

写真引用:ウィキペディア


Top