Browse Tag: アルテック

マイレア邸

マイレア邸
フィンランド・ノールマルック(1939年)
設計:アルヴァ・アアルト

 

アルヴァ・アアルトは、フィンランドの世界的建築家で北欧モダンのデザインとして日本でも知られています。

 

アアルトは建築と家具を相互に補完し合うものと考え、建築だけでなく家具や照明器具、ガラス製品、テキスタイルまで幅広く手がけています。

アルテックという自ら立ち上げた自身のデザイン作品を生産・販売するための企業があり今でも販売されています。

代表的な作品としてスツール60や、パイミオチェアとも呼ばれるアームチェア41900ティートロリー等の家具があります。

 

 

1939年に竣工したこの建物は、ミッドセンチュリーの時代より早い時期に北欧モダンを体現していました。

産業革命後のこの時代は、スチールやコンクリートのほかプラスティックなどといった新しい素材が生まれました。

当時の建築家やデザイナーがこれらの新建材に惹かれている中で、アアルトは木の可能性を追求し、周囲の自然と調和した建物を生み出したといえます。

マイレア邸は、小高い丘の森の中に立地しており、自然との調和を体現しています。

 

アアルトの作品の中でも、このマイレア邸は最高傑作とも言われており、プランだけでなく細部に至るまで、アアルトらしい表現が多くみられます。

 

よく言われるのが、「King of Waves」とも表現されている曲線のデザインです。外観内観ともに曲線のデザインがあり、ランドスケープにおいても池のデザインなどで曲線は多用されています。

マイレア邸においても、外観で木の線材を縦方向に並べて多用した曲線のデザインを見ることができます。

そして、L型の平面形状の建物で囲まれるように計画されたプールは曲線で構成されています。

 

また、引き戸がよく使われていることでも知られています。

 

アアルトの代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

1933年 パイミオのサナトリウム
1939年 マイレア邸
1954年 ムーラッツァロの実験住宅
1959年 ルイ・カレ邸

 

日本にもファンが多いアアルトですが、アアルト自身も日本の建築や文化を評価していたことで知られています。

1930年代からアアルトは国際建築協会(CIAM・近代建築国際会議など)のメンバーとなり様々な活動していました。

 

マイレア邸webサイト
https://www.villamairea.fi/en/

Alvar Aaltowebサイト
https://www.alvaraalto.fi/en/information/alvar-aalto/

 

画像引用:ウィキペディア

 

 


Top