Browse Tag: 辰野金吾

ジョサイア・コンドル

ジョサイア・コンドル
イギリス、1852-1920

今年(2020年)に没後100年ということで、記念企画などが各所で開催されています。

ジョサイア・コンドル没後100年記念 「コンドルと清泉女子大学本館」 動画公開のお知らせ
https://www.seisen-u.ac.jp/news/20200621-01.php

 

​WP:Ja user Otraff, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=12103469による

 

ジョサイアコンドルは、工部大学校(現東京大学)で御雇外国人建築家として招かれ、1877年(明治10年)に来日しました。
招聘された際の雇用契約の内容としては、工部大学校造家学科教師と工部省営繕局顧問の2つでした。
これにより、日本人建築家の養成をする一方で、日本に本格的な西洋建築を建設するという活動を進めてゆき、建築家という職能を成立させていきました。

こうしてJ.コンドルから学んだ4人の第1期生が卒業していき、その後、在任期間中にあわせて21人の日本人建築家を輩出しました。

 

《コンドルの主な代表作》

鹿鳴館
東京都千代田区(1883年)明治16年現存せず
設計: ジョサイア・コンドル
文明開花のシンボルとして知られる社交クラブです。政府のもくろむ欧化政策(条約改正)の一環として建てられました。

 

不明 – http://www.stained.co.jp/history2.html, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2595593による

 

 

三菱一号館
東京都千代田区(1896年)明治29年
設計: ジョサイア・コンドル
国内初の本格的なオフィス建築になります。煉瓦造りの地下1階地上3階建となっており、1968年に解体されましたが、2010年に美術館などの複合施設として復元されました。この時に、特例容積率適用地区制度を活用して、東京駅の未利用容積を取得することにより、丸の内パークビルディングと共に一体的に建設されました。

 

不明。 – 三菱地所株式会社社史編纂室編 『丸の内百年のあゆみ:三菱地所社史』 三菱地所、1993年、上巻122頁, パブリック・ドメイン, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=2305366による

 

旧岩崎久彌邸
東京都文京区と台東区(1896年)明治29年
設計: ジョサイア・コンドル
親しく交流のあった三菱財閥を興した岩崎弥太郎の本邸になります。
洋館と撞球室(ビリヤードルーム)と和館があり、本格的な洋風建築と和風建築の融合された建築となっています。

 

Wiiii – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=11177862による

 

 

ニコライ堂
(1891年)明治24年
写真の現在の姿は1929年に修復されたものになります。

 

Wiiii – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10604800による

 

古河邸(現・大谷美術館)
東京都北区(1896年)明治29年
設計: ジョサイア・コンドル
煉瓦造りの2階建の洋館になります。外壁は粗面仕上げによる重厚な印象となっており、内部は1階が公的な空間である一方、2階を和のしつらえのある私的空間となっています。

 

Wiiii – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=6617669による

 

三井家綱町別邸(現・三井倶楽部)
(1913年)大正2年

 

Wiiii – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10580985による

 

 

第1期生は以下の4人になります。

辰野金吾(1854-1919):イギリス留学
代表作:日本銀行中央停車場(東京駅)など

片山東熊(1853-1917):フランス留学
代表作:東宮御所(現・迎賓館)など

曽禰達蔵(そね たつどう)(1852-1937)
代表作:小笠原伯爵邸など

佐立 七次郎(さたち しちじろう)(1856-1922)
日本水準原点標庫、旧日本郵船小樽支店など

 

その他の主な卒業生は以下になります。

妻木頼黄(1859-1916):工部大学校を1882年に中退(多分第3期生)。
アメリカで学びドイツに留学、横浜正金銀行(現・神奈川県立博物館)赤レンガ倉庫など

久留正道(1855-1914):第3期生。
建築家として活躍。代表作は旧帝国図書館(現・国際子ども図書館)

吉井茂則(1857-1930):第5期生。
逓信省建築家として活躍。代表作は京都郵便局、中京郵便局など。

 

写真引用:ウィキペディア

 

 

大阪市中央公会堂

大阪市中央公会堂
大阪府、1918年
設計:岡田信一郎、実施設計:辰野金吾、片岡安

Osaka Central Public Hall in 01

日本ではまだ珍しかった指名設計競技、いわゆるコンペにより選出された建築物です。現在では珍しくないですが、この指名設計競技には懸賞金もついていました。
鉄骨煉瓦造の地上3階/地下1階建の建物で、外観の特徴は、赤煉瓦と白色の花崗岩のコントラストによるネオ・ルネサンス様式を基調としたデザインです。
2つの塔に挟まれた形で中央の上部に大きなアーチがあるのが特徴です。

Osakashi Chuo Kokaido Hall02

1970年代に入ると建替えの検討がされましたが、「市民による保存運動」により建替えすることなく保存する道を歩みます。その後、1999年から2002年にかけて耐震化および免震レトロフィットの採用およびバリアフリー化を含む保存・再生工事が行われました。

写真引用:ウィキペディア

東京駅丸の内駅舎

東京駅丸の内駅舎(1914年、東京都)
設計者:辰野金吾
創建時は中央停車場という名称で、日本の第一世代の建築家である辰野金吾*1)により設計された駅舎です。
赤煉瓦を基調として縦横に白い石のラインを入れたデザインは辰野式と呼ばれています。
第二次世界大戦の空襲にて丸みお帯びたドームなどが損傷し、多角錐型のドーム形状にて修復されました。

Tokyo Station original shape

創建時の東京駅
写真引用:ウィキペディア

1920px JR Tokyo sta 001

現在の東京駅
写真引用:ウィキペディア

2012 11 05 11 17 19

塔部の写真
写真:サイト管理者撮影2012年11月

大手町・丸の内・有楽町地区特例容積率適用地区*2)の制度を適用して2012年に復元修復され、この際にドームの形状も当初の丸みを帯びた形状に復元されました。オーセンティシティ*3)に沿った保存再生といえます。

日本国内では最大級の免震レトロフィットによる耐震対策が施されています。

*1)辰野金吾
工部大学校(現在の東京大学)で御雇外国人建築家として招かれたジョサイア・コンドルが建築家という職能を成立させていったのが日本の建築家の職能のはじまりです。この時に初めて学んだ日本人の中でも有名なのが次のようなひとたちです。日本の建築家の祖といわれることもあります。
ジョサイア・コンドルに学んだひと(英国の流れ)
辰野金吾
片山東熊
ドイツで学んだひと
妻木頼黄

<参考記事>
日本の近代建築設計者の系譜

*2)特例容積率適用地区
指定された区域内で、容積率の一部を建築敷地間で移転することができる。
(一般的な容積率の移転と違うのは隣接敷地間でなくても区域内であればよいという点)

*3)オーセンティシティ
遺産の歴史的価値の判断指標の一つです。「真実性」と解される概念であり、世界文化遺産登録の際には、このオーセンティシティが重要視されます。

日本の近代建築設計者の系譜

ここ数回講義で日本における近代建築の設計者の系譜について触れる機会がありましたので、ざっくりですが資料を作りました。講義を聴講した方々に配布するようなのですが、せっかくなので公開したいと思います。ただし、まだ概要程度となっており、改訂をしていく予定ですのでご了承下さい。

建築設計者系譜ver 1

明治以降の日本の建築は、おおきくふたつの潮流があると考えられます。

ひとつは大工、棟梁を主体とした建築の流れです。大きな枠組みとしては律令制の時代の中で、領主や一家の主などが権限を持つ社会における身分、階級による建物の仕様に基づき建築されてきました。そして、実際の設計や工事は大工や棟梁を主体として建築されてきたと考えられます。現在ではその流れは主に木造住宅建築の世界で工務店を主体とした建築の流れの中に見受けられます。そのために、設計というものに対しての理解が深まらないという側面も否めないといえます。

もうひとつが、明治以降の設計者の登場による建築設計の潮流です。工部大学校(現在の東京大学)に英国から招聘されたジョサイア・コンドルより建築を学んだ辰野金吾、片山東熊、曽禰 達蔵(そね たつぞう)などのほか、ドイツで建築を学んだ妻木頼黄といった日本人の設計者の登場による近代建築の系譜がはじまります。
また、近代建築の三大巨匠であるル・コルビュジェの弟子である坂倉準三、前川國男、吉阪隆正や、同じく三大巨匠のフランク・ロイド・ライトの弟子であるアントニン・レーモントの系譜にて吉村順三といった日本人の建築家が次々と活躍の場を広げていきました。

このような大きく2つの潮流の中で日本の建築の世界は広く世界にも認知され、多くの世界的なネームバリューを持つ建築家を輩出しています。
ちなみに建築のノーベル賞といわれるプリッカー賞は現在下記の7名の方が受賞されています。
丹下健三
槇文彦
安藤忠雄
伊東豊雄
SANNA(妹島和世+西沢立衛)
坂茂
磯崎新(2019年)

改訂:2010年5月24日 磯崎新プリッカー賞追記


Top