Browse Tag: テラスハウス

草加松原団地

草加松原団地
日本住宅公団 1962年入居開始 埼玉県草加市

800px Matsubara danchi 003 Soka Saitama prefecture Japan

高度成長期に建設された中層集合住宅を中心とする郊外型大規模住宅団地であり,ボックス型ポイントハウスや,テラスハウスも存在します。

Matsubara danchi 001 Soka Saitama prefecture Japan

完成当時は東洋最大規模と言われたマンモス団地であり、申し込みも第一期においては780戸の募集に対して、10,725件の応募が集まるほどの人気ぶりでした。
中層棟を中心にして周辺に学校や施設などが計画されています。また、自動車は団地内の通過動線がないように計画されており、近隣住区理論の原理が見受けられます。
現在は老朽化により順次コンフォール松原として建て替え事業が行われています。

写真引用:ウィキペディア

多摩平団地テラスハウス

多摩平団地(たまだいらだんち)(昭和33年)東京都日野市
事業主:日本住宅公団(現UR都市公団)

Tamadaira terrace01中層棟においては住棟の住棟間側に階段を配置したり、低層棟のテラスハウスでは庭をはさんだコミュニティの形成を促すようなしかけがされていることで知られています。また、すべての住戸が賃貸のタイプとなっています。

低層棟のテラスハウスは日本の集合住宅の歴史においては先駆けといえます。
ブロック造、RC造の壁式やラーメン構造、プレキャスト工法(PC)の前身となるTilt-Up工法*1)のテラスハウスも試験的に建設された。
現在はシェアハウスなど多様な運営がなされています。

参考サイト
UR都市機構|団地再生事業等|ルネッサンス計画2|多摩平の森 ルネッサンス事業の概要
団地再生プロジェクト
AURA243多摩平の森

*1)Tilt-Up(ティルトアップ)工法
現場製作の鉄筋コンクリートの壁や床の部材を組み立てていく工法

写真引用:60年代の残像 in 多摩平団地


Top