Browse Category: 日本近代

神奈川県立歴史博物館

神奈川県立歴史博物館
1904年完成、神奈川県
設計:妻木頼黄

Kanagawakenritsuhakubutukan01

妻木頼黄設計による横浜正金銀行本店としてつくられました。レンガ造り石張りの外観や建物のシンボルであるドームが特徴です。1923年に発生した関東大震災にてドーム部分が焼失しましたが、骨組みは焼失を免れましたのでその後復元されました。

Kanagawakenritsuhakubutukan02

1964年に県立博物館として整備され現在も使用されており、重要文化財にも指定されています。

写真引用:ウィキペディア

神奈川県の歴史関連参考書籍

八幡浜市立日土小学校

八幡浜市立日土小学校(やわたはましりつひづちしょうがっこう)
1956年、愛媛県八幡浜市、重要文化財
設計:松村正恒

日土小校舎1写真引用:八幡浜市立日土小学校WEBサイト
http://www.yawatahama.ed.jp/cms/hizuchi-es/

2012年に日本建築学会賞および国重要文化財に指定された木造モダニズム建築でとても珍しい学校建築です。また、2階建ての木造校舎は、一部に鉄骨トラス梁や鉄筋部レースを採用しています。

43967 188533150717212047384 600
写真引用:文化財遺産オンライン
http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/267453

カーテンウォール方式による水平に連続する窓や、喜木川に張り出したテラスなどのモダニズムの要素のほか、緩やかな外階段、切妻屋根などの勾配屋根により、周囲への景観配慮などもされています。また教室は、クラスター型による計画がされていることも特徴的です。

17日雪景色1
写真引用:八幡浜市立日土小学校WEBサイト
http://www.yawatahama.ed.jp/cms/hizuchi-es/

2006〜2008年にかけて東校舎および中校舎を改修し、西校舎は普通教室追加による改築
が行われました。なお、東校舎においては教室と廊下の間に中庭を設け、通風換気と両側採光による明るさの確保がされています。

1999年にDOCOMOMO*1)に選出され、2007年には八幡浜市文化財に指定されています。

*1)DOCOMOMO20選
モダン・ムーブメントにかかわる建物と環境形成の記録調査および保存のための国際組織
do.co.mo.mo_japan

帝国ホテル(旧館)

帝国ホテル(旧館)
神奈川県(1923年)
設計:フランク・ロイド・ライト

Th teikokuhotel 01

写真:サイト管理者撮影2014年6月

近代建築三大巨匠のひとりであるF.L.ライト*1)の日本国内における作品です。
竣工して落成式のその日に関東大震災に見舞われましたが倒壊を免れた経緯をもっています。
スクラッチ模様のレンガ*2)や大谷石で外部内部共に仕上げられています。そしてテラコッタの幾何学的な彫刻など派手に装飾が施されています。

Th teikokuhotel 03

写真:サイト管理者撮影2014年6月

写真ではこまかな装飾の隙間から光が差し込む様子が見られます。ちょっとやり過ぎ感もありますが、外国の賓客を迎えるホテルということもあったのでしょう。
なお、装飾はタイルやレンガ、石を多用していますが構造は鉄筋コンクリート構造です。

Th teikokuhotel 04

写真:サイト管理者撮影2014年6月

平面計画は、エントランスを中心に左右対称の形状となっており、中心のゾーンにエントランスのほか宴会場や厨房があります。両サイドには中廊下型の客室棟がありましたが、現在はエントランス・玄関部分のみ愛知県の明治村に移築保存されています。

Th teikokuhotel 02

写真:サイト管理者撮影2014年6月

*1)F.L.ライト
近代建築の三大巨匠と呼ばれています。ほかにはル・コルビュジエやミース・ファンデル・ローエが挙げられます。

*2)スクラッチ
引っ掻きキズのような模様を指します。

国立西洋美術館本館の改修保存


国立西洋美術館本館
東京都(1959年)
設計:ル・コルビュジエ

注目!
2016年7月17日に「世界文化遺産」に決定しました。

Th National museum of western art05s3200

写真引用:ウィキペディア

フランスからの松方コレクション返還に際して建設されました。
ル・コルビュジエ*1)による基本設計ののち、弟子の前川國男坂倉準三吉阪隆正*2)らが実施設計を担当しました。

Th National museum of western art06n3200

写真引用:ウィキペディア

その後、美術館本体を保存活用するため1998年に改修工事が行われました。この際「免震レトロフィット工法」*3)が採用され、竣工時の形態を保ったまま安全性を高めています。

Th SEISMIC RETROFIT MECHANISM OF THE NATIONAL MUSEUM OF WESTERN ART TOKYO 20100321

写真引用:ウィキペディア

《ル・コルビュジエの主な作品》
◇建築作品◇
サヴォア邸(1931年)
ユニテ・ダビタシオン(1952年)
ロンシャンの礼拝堂(1955年)
ラ・トゥーレット修道院(1958年)
◇都市計画◇
300万人のための現代都市(1922年)
ユルバニスム(1924年)
ヴォアザン計画(1925年)
輝く都市(1933年)
チャンディーガル(1951年〜)唯一実現した計画
◇著作◇
建築をめざして(1923年)
モデュロール1(1948年)
モデュロール2(1955年)

*1)ル・コルビュジエ
「近代建築の三大巨匠」のひとりです。
ほかは「フランク・ロイド・ライト」と「ミース・ファン・デル・ローエ」(バウハウス3代目校長)になりますが、バウハウス設計者であり初代校長でもありヴァルター・グロピウスを加えて四大巨匠と称されることもあります。

*2)前川國男、吉阪隆正、坂倉準三
ル・コルビュジエに師事した日本人の三人の弟子です。

*3)免震レトロフィット工法
既存建物の基礎部に免震装置して耐震性能の向上を図る工法です。構造体の補強をほとんど行わなくて済むため外観デザイン等を維持することができます。
東京駅丸の内駅舎にも採用されている。

改訂:2016年7月17日

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
香川県(1991年)
設計:谷口吉生

inokame_art

写真引用:ウィキペディア

駅前に立地する市立図書館併設の美術館である。建築と美術と都市空間が一体となった景観が特徴的であり、駅前の広場に面して壁画と一体化した展示室への入口がある。

本美術館は、交流のあった洋画家の猪熊源一郎自身より「故郷に美術館をつくるから設計してほしい」と依頼を受けて設立に至りました。
画伯からの希望は「買い物ついでに現代アートを楽しんでほしい」というものだったとのことです。
米国のランドスケープ・デザイナーのピーター・ウオーカーや都市計画かの加藤源との協働により周囲の環境と一体の美術館となりました。
(日本経済新聞「私の履歴書」より)

設計者の谷口吉生は丹下健三研究室出身*1)であり、その後、父である谷口吉郎*2)の谷口吉郎建築設計研究所所長として活動の後、谷口建築設計研究所と改名し現在に至る。ストイックなモダニズム建築の代表的な人物の一人といえる。
本美術館は1994年に村野藤吾賞を受賞しているが、ほかにも土門拳記念館*3)が吉田五十八賞(1984年)および日本芸術院賞(1987年)を受賞しているほか、東京都葛西臨海水族園が毎日芸術賞(1987年)に受賞するなど多くの受賞歴を持つ。
最近では、京都国立博物館南門(2007年)や京都国立博物館平成知新館(2014年)を設計して話題になっている。

*1)丹下健三研究室
黒川紀章や槇文彦など多くの著名な建築家を輩出した研究室。
系譜参照
http://sakuhin.info/japan/modern-j/kenchiku_sekkeisya_keihu/
*2)谷口吉郎
東宮御所や帝国劇場、ホテルオークラロビー等の設計者。博物館明治村の初代館長でもある。
*3)土門拳記念館
「古寺巡礼」などで知られている写真家である土門拳の作品を収蔵展示した記念館である。

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
http://www.mimoca.org/ja/

日本の集合住宅の系譜

日本では関東大震災以降、同潤会の設立にはじまり現在の集合住宅のおもな流れが系譜としてあります。
これたの歴史の中でRC造による耐震耐火の取り組みや、工業化の設計手法や部材等の規格化なども取り組まれてきました。
講義用に主だった建物の系譜を作成しましたので掲載します。
なお、まだ概要程度となっており、改訂をしながら仕上げていきたいと思いますのでご了承下さい。

日本集合住宅年表 001

日本集合住宅年表 002

開智学校

開智学校(重要文化財)
長野県(1876年)
設計:立石清重

Kaichi01 S tomokazu

写真撮影:@S_tomokazu 2015年5月

この時代(明治初期)までの学校校舎としてはお寺のお堂などを使っていました。いわゆる寺子屋といえます。
文明開化の時代を受け、棟梁であった立石清重が洋風建築を東京で学び設計施工した建築です。
伝統的な和風のデザインに洋風スタイルを取り入れた擬洋風建築となっていますが、外観の形状には次のような特徴があります。屋根に突き出した八角形の塔屋や車寄せの唐破風などにより構成される瓦屋根となっています。
壁は木造下地の上に漆喰にて仕上げられています。エントランス部分は車寄せとなっており、その上部にはエンジェルの彫刻が施されています。また、バルコニー下には竜の彫刻があり、独特な正面ファサードとなっています。

640px Former Kaichi School03 1024

写真引用:ウィキペディア

当時、ギヤマンと呼ばれる色ガラス製品も流通しはじめており、開智学校でも取り入れられていることにより「ギヤマン校舎」と呼ばれたりしています。
なお、開智学校とは日本最初の学校制度である教育法令の序文にある「智を開き才芸を長する」からネーミングされています。
この開智学校が取り上げられるのは、その後の小学校建築に多大な影響を与えたからです。

東京駅丸の内駅舎

東京駅丸の内駅舎(1914年、東京都)
設計者:辰野金吾
創建時は中央停車場という名称で、日本の第一世代の建築家である辰野金吾*1)により設計された駅舎です。
赤煉瓦を基調として縦横に白い石のラインを入れたデザインは辰野式と呼ばれています。
第二次世界大戦の空襲にて丸みお帯びたドームなどが損傷し、多角錐型のドーム形状にて修復されました。

Tokyo Station original shape

創建時の東京駅
写真引用:ウィキペディア

1920px JR Tokyo sta 001

現在の東京駅
写真引用:ウィキペディア

2012 11 05 11 17 19

塔部の写真
写真:サイト管理者撮影2012年11月

大手町・丸の内・有楽町地区特例容積率適用地区*2)の制度を適用して2012年に復元修復され、この際にドームの形状も当初の丸みを帯びた形状に復元されました。オーセンティシティ*3)に沿った保存再生といえます。

日本国内では最大級の免震レトロフィットによる耐震対策が施されています。

*1)辰野金吾
工部大学校(現在の東京大学)で御雇外国人建築家として招かれたジョサイア・コンドルが建築家という職能を成立させていったのが日本の建築家の職能のはじまりです。この時に初めて学んだ日本人の中でも有名なのが次のようなひとたちです。日本の建築家の祖といわれることもあります。
ジョサイア・コンドルに学んだひと(英国の流れ)
辰野金吾
片山東熊
ドイツで学んだひと
妻木頼黄

<参考記事>
日本の近代建築設計者の系譜

*2)特例容積率適用地区
指定された区域内で、容積率の一部を建築敷地間で移転することができる。
(一般的な容積率の移転と違うのは隣接敷地間でなくても区域内であればよいという点)

*3)オーセンティシティ
遺産の歴史的価値の判断指標の一つです。「真実性」と解される概念であり、世界文化遺産登録の際には、このオーセンティシティが重要視されます。

日本の近代建築設計者の系譜

ここ数回講義で日本における近代建築の設計者の系譜について触れる機会がありましたので、ざっくりですが資料を作りました。講義を聴講した方々に配布するようなのですが、せっかくなので公開したいと思います。ただし、まだ概要程度となっており、改訂をしていく予定ですのでご了承下さい。

建築設計者系譜ver 1

明治以降の日本の建築は、おおきくふたつの潮流があると考えられます。

ひとつは大工、棟梁を主体とした建築の流れです。大きな枠組みとしては律令制の時代の中で、領主や一家の主などが権限を持つ社会における身分、階級による建物の仕様に基づき建築されてきました。そして、実際の設計や工事は大工や棟梁を主体として建築されてきたと考えられます。現在ではその流れは主に木造住宅建築の世界で工務店を主体とした建築の流れの中に見受けられます。そのために、設計というものに対しての理解が深まらないという側面も否めないといえます。

もうひとつが、明治以降の設計者の登場による建築設計の潮流です。工部大学校(現在の東京大学)に英国から招聘されたジョサイア・コンドルより建築を学んだ辰野金吾、片山東熊、曽禰 達蔵(そね たつぞう)などのほか、ドイツで建築を学んだ妻木頼黄といった日本人の設計者の登場による近代建築の系譜がはじまります。
また、近代建築の三大巨匠であるル・コルビュジェの弟子である坂倉準三、前川國男、吉阪隆正や、同じく三大巨匠のフランク・ロイド・ライトの弟子であるアントニン・レーモントの系譜にて吉村順三といった日本人の建築家が次々と活躍の場を広げていきました。

このような大きく2つの潮流の中で日本の建築の世界は広く世界にも認知され、多くの世界的なネームバリューを持つ建築家を輩出しています。
ちなみに建築のノーベル賞といわれるプリッカー賞は現在下記の6名の方が受賞されています。
丹下健三
槇文彦
安藤忠雄
伊東豊雄
SANNA(妹島和世+西沢立衛)
坂茂

国立国会図書館関西館

国立国会図書館関西館(2002年、京都府)
設計者:陶器二三雄(とうきふみお)

Th National Library Kansai書庫を地下閲覧室を半地下に計画し、建物の地上部分のボリュームをおさえて景観上の調和に配慮した図書館です。
地下部分は全体の3/5を占めており地下2〜4階が書庫となっています。地上部分の屋根は屋上緑化されてたのこぎり状の屋根形状となっており、ハイサイドライトにより室内への自然採光を確保しています。
外壁は模様入りのガラスによるダブルスキンとなっています。
内部動線は、利用者と管理者の動線を明確に分離しているほか、効率的な運搬計画や空調負荷および構造負荷の軽減などを図り効率的な書庫の環境を実現しています。

写真引用:ウィキペデア


Top