Browse Category: 西洋

カイシャ・フォーラム・マドリッド

カイシャ・フォーラム・マドリッド
スペイン・マドリッド(2008年)
設計:ヘルツォーク&ド・ムーロン

カイシャ・フォーラム・マドリード(CaixaForum Madrid)は、美術展示や音楽祭、各種フェスティバル、マルチメディアアート、討論会などの会議や教育など各種ワークショップ等、コンテンポラリーアートに特化したソーシャルカルチャーの拠点となっています。

 

By User: (WT-shared) Davidx at wts q373, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=22895854

 

カイシャ・フォーラムは、カタロニアのラ・カイシャ貯蓄銀行が設立したラ・カイシャ財団による社会文化機関ですが、煉瓦造りのメディオディア電気公社の発電所を改修して文化センターにリノベーションされました。

ヘルツォーク&ド・ムーロンによる改修設計のキーワードとしては、「垂直な庭園」と、その「空中浮遊」的な形態があげられます。

発電所の煉瓦の外壁は残されているため、周辺環境との調和が図られており、基礎部分を取り除いたピロティ状の広場と、隣のガソリンスタンドを解体した広場連続させた公共空間を持っています。

 

施設の敷地面積は2,000 m2以上あり、展示フロアには、展示室、メディアライブラリー、講演会などで使用できる多目的ルーム(講堂)、会議室(2室)、322席のホール、遊戯スペース、保存・修復工房、芸術作品倉庫があります。

また、利用者サービス施設として、カフェ・レストランやショップ・書店もあり充実しています。

 

 

By Luis García, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=15964078

 

 

By Gryffindor – Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=5337261

 

カイシャ・フォーラム・マドリッド公式HP
https://caixaforum.es/es/madrid/home

 

ヘルツォーク&ド・ムーロンは2001年にプリツカー賞を受賞しています。
代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

2000年 テイト・モダン
2003年 プラダ青山店
2006年 フォンフ・ホーフェ街区
2008年 北京国家体育場
2008年 カイシャ・フォーラム・マドリッド
2009年 ヴィトラ・ハウス

 

写真引用:ウィキペディア

 

 

テイト・モダン

テイト・モダン
イギリス・ロンドン(2000年)
設計:ヘルツォーク&ド・ムーロン

 

Bernard Gagnon – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3664995による

 

テイト・モダンは国立の近現代美術館になります。イギリスには、国立美術館ネットワークである「テイト」があり、その一つになります。

テート・モダンは火力発電所であった元バンクサイド発電所の建物を改修してモダンアートの美術館となりました。元の発電所の設計は、イギリスの赤い電話ボックスの設計で有名なサー・ジャイルズ・ギルバート・スコットによるものです。

この建物は99mの高さの煙突や重厚な煉瓦の仕上げとなっており、改修の際もそのまま残されています。

改修においては、1994年に開催された建築設計競技により、スイスの建築家であるヘルツォーク&ド・ムーロンの案が選ばれて改修設計されました。

 

Hans Peter Schaefer – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=486320による

 

この改修設計において、発電機のあった巨大なタービン・ホールは、5層吹き抜けの大エントランスホールにしたほか、屋上には採光窓やレストランなどのあるガラス張りのフロアが計画されました。
このタービン・ホールでは、様々なイベントやアートのインスタレーションが展示されています

なお、発電所建物を再利用した7階建ての本館は、新館である「スイッチ・ハウス」開館の後に「ボイラー・ハウス」と呼ばれるようになりました。

 

また、テート・モダンへのアプローチルートとして、ミレニアム・ブリッジがありますが、この美術館と共に2000年のミレニアム事業の一環として作られました。

この歩道橋はイギリスのミレニアムプロジェクト(2000年記念事業)のひとつとしてテイトモダンと同じくコンペを開催し、アラップ、フォスター・アンド・パートナーズ、アンソニー・カロによる設計案が選ばれました。

 

パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=189163

 

余談ですが、ミレニアムブリッジは2000年6月10日に開通したものの大きな横揺れの発生により2日後に閉鎖されました。原因は人が歩くときの歩調により橋の固有振動周期が荷重の周期に近かったため、共振が起きたためとされました。その後、共振を抑えるダンパー設置工事をして2002年に改めて開通されました。

「ハリーポッターと謎のプリンス」の冒頭で、デスイーター達が派手に壊した橋としても知られています。

 

ヘルツォーク&ド・ムーロンは2001年にプリツカー賞を受賞しています。
代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

2000年 テイト・モダン
2003年 プラダ青山店
2006年 フォンフ・ホーフェ街区
2008年 北京国家体育場
2008年 カイシャ・フォーラム・マドリッド
2009年 ヴィトラ・ハウス

 

写真引用:ウィキペディア

 

ライヒスターク

ライヒスターク:ドイツ連邦議会議事堂
(旧ドイツ帝国議会議事堂、ドイツ国国会議事堂)
ドイツ・ベルリン(1894年、1999年改装)
設計: パウル・ヴァロット
改修設計:ノーマン・フォスター

Gerdt, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2800075による

 

この建物は、ドイツ・ネオバロック様式である旧帝国議会議事堂ですが、1933年に不審火によって炎上し、1999年に修復されました。
現在はドイツ連邦議会の議場として使われており、修復については、1992年の建築設計競技にてイギリス人建築家ノーマン・フォスターが選ばれて改修設計を実施しました。

 

中央にある議事堂頂上の巨大なガラス張りのドームは19世紀末の議事堂建設時のガラスドームの存在を意識していて、ドームの内部には、見学者のための二重螺旋のスロープが巡らされています。

 

Michael J. Zirbes – de.wikipedia.org: 18:21, 17. Apr 2006 . . Mijozi (Diskussion) . . 834 x 667 (156323 Byte) (* Bildbeschreibung: Deutscher Reichstag, Berlin (Vogelperspektive) * Quelle: Privatarchiv * Fotograf/Zeichner: Michael J. Zirbes * Datum: September 2004 ), パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=715380による

 

このドームの屋上からはベルリン市街を望むことがでみます。また、下を見ると議場を見ることができるギャラリーになっています。

 

Sfl0res – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=28511548による

 

ノーマン・フォスターは1999年にプリツカー賞を受賞しています。
代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

1985年 香港上海銀行
1991年 センチュリータワー
1998年 香港国際空港ターミナルビル
2000年 大英博物館グレーコート
2002年 ロンドン市庁舎
2004年 30セント・メリー・アクス (スイス・リ本社ビル)
2004年 ミヨー橋
2017年 Apple Park(アップル・パーク)

 

写真引用:ウィキペディア

 

 

 

マイレア邸

マイレア邸
フィンランド・ノールマルック(1939年)
設計:アルヴァ・アアルト

 

アルヴァ・アアルトは、フィンランドの世界的建築家で北欧モダンのデザインとして日本でも知られています。

 

アアルトは建築と家具を相互に補完し合うものと考え、建築だけでなく家具や照明器具、ガラス製品、テキスタイルまで幅広く手がけています。

アルテックという自ら立ち上げた自身のデザイン作品を生産・販売するための企業があり今でも販売されています。

代表的な作品としてスツール60や、パイミオチェアとも呼ばれるアームチェア41900ティートロリー等の家具があります。

 

 

1939年に竣工したこの建物は、ミッドセンチュリーの時代より早い時期に北欧モダンを体現していました。

産業革命後のこの時代は、スチールやコンクリートのほかプラスティックなどといった新しい素材が生まれました。

当時の建築家やデザイナーがこれらの新建材に惹かれている中で、アアルトは木の可能性を追求し、周囲の自然と調和した建物を生み出したといえます。

マイレア邸は、小高い丘の森の中に立地しており、自然との調和を体現しています。

 

アアルトの作品の中でも、このマイレア邸は最高傑作とも言われており、プランだけでなく細部に至るまで、アアルトらしい表現が多くみられます。

 

よく言われるのが、「King of Waves」とも表現されている曲線のデザインです。外観内観ともに曲線のデザインがあり、ランドスケープにおいても池のデザインなどで曲線は多用されています。

マイレア邸においても、外観で木の線材を縦方向に並べて多用した曲線のデザインを見ることができます。

そして、L型の平面形状の建物で囲まれるように計画されたプールは曲線で構成されています。

 

また、引き戸がよく使われていることでも知られています。

 

アアルトの代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

1933年 パイミオのサナトリウム
1939年 マイレア邸
1954年 ムーラッツァロの実験住宅
1959年 ルイ・カレ邸

 

日本にもファンが多いアアルトですが、アアルト自身も日本の建築や文化を評価していたことで知られています。

1930年代からアアルトは国際建築協会(CIAM・近代建築国際会議など)のメンバーとなり様々な活動していました。

 

マイレア邸webサイト
https://www.villamairea.fi/en/

Alvar Aaltowebサイト
https://www.alvaraalto.fi/en/information/alvar-aalto/

 

画像引用:ウィキペディア

 

 

ファンズワース邸

ファンズワース邸
アメリカ・シカゴ(1950年)
設計:ミース・ファン・デル・ローエ

 

 

ファンズワース邸は、シカゴ郊外にあるフォックス川のほとりにある広い林の中に建てられた週末住宅です。

高床式になっているのは、川の氾濫に対しての対応で1.5mほど高くなっています。
折しも現在(2020年5月)川が氾濫して床下浸水しているとの情報がファンズワース邸公式サイトでも写真付きで掲載されていました。

ファンズワース邸公式サイト
https://farnsworthhouse.org/

ミース・ファン・デル・ローエは近代建築の3大巨匠の一人として有名ですが、鉄とガラスを生かした作品を多く設計しています。
このファンズワース邸も鉄の柱とガラスによる大開口が特徴的です。

 

 

写真を観察すると、床スラブ屋根スラブがあり、その外側に8本の柱(H鋼)溶接されているのが分かります。そして、内部には柱がありません。

 

 

では内部を見てみましょう。
内部はユニバーサルデザインと呼ばれる柱がない空間になっており、水回りやキッチンを中央に配置したセンターコアタイプになっています。コアの周りが、ワンルーム的に自由に使えるようになっています。

 

 

日本にはミース・ファン・デル・ローエのファンがかなりいます、それもF.L.ライトファンと並ぶ熱狂的なファンが^^
私見ですが、おそらく鉄と柱によるシンプルなデザインと高さを抑えたプロポーションが日本人受けするのかとも思われます。日本には大仏様や唐様といった大陸渡来起源の様式と別に、和様という校倉式のような高床式から派生したと思われる和様の様式があります。それらと共通する部分があるように感じます。

そのような美意識は、ミース・ファン・デル・ローエの言葉 Less is more 「より少ないほど、より豊か」にもよく現れています。

 

なお、ミース・ファン・デル・ローエはバウハウス3代目校長も努めていました。

 

写真引用:ウィキペディア

 

 


Top