Browse Author: terra

テイト・モダン

テイト・モダン
イギリス・ロンドン(2000年)
設計:ヘルツォーク&ド・ムーロン

 

Bernard Gagnon – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3664995による

 

テイト・モダンは国立の近現代美術館になります。イギリスには、国立美術館ネットワークである「テイト」があり、その一つになります。

テート・モダンは火力発電所であった元バンクサイド発電所の建物を改修してモダンアートの美術館となりました。元の発電所の設計は、イギリスの赤い電話ボックスの設計で有名なサー・ジャイルズ・ギルバート・スコットによるものです。

この建物は99mの高さの煙突や重厚な煉瓦の仕上げとなっており、改修の際もそのまま残されています。

改修においては、1994年に開催された建築設計競技により、スイスの建築家であるヘルツォーク&ド・ムーロンの案が選ばれて改修設計されました。

 

Hans Peter Schaefer – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=486320による

 

この改修設計において、発電機のあった巨大なタービン・ホールは、5層吹き抜けの大エントランスホールにしたほか、屋上には採光窓やレストランなどのあるガラス張りのフロアが計画されました。
このタービン・ホールでは、様々なイベントやアートのインスタレーションが展示されています

なお、発電所建物を再利用した7階建ての本館は、新館である「スイッチ・ハウス」開館の後に「ボイラー・ハウス」と呼ばれるようになりました。

 

また、テート・モダンへのアプローチルートとして、ミレニアム・ブリッジがありますが、この美術館と共に2000年のミレニアム事業の一環として作られました。

この歩道橋はイギリスのミレニアムプロジェクト(2000年記念事業)のひとつとしてテイトモダンと同じくコンペを開催し、アラップ、フォスター・アンド・パートナーズ、アンソニー・カロによる設計案が選ばれました。

 

パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=189163

 

余談ですが、ミレニアムブリッジは2000年6月10日に開通したものの大きな横揺れの発生により2日後に閉鎖されました。原因は人が歩くときの歩調により橋の固有振動周期が荷重の周期に近かったため、共振が起きたためとされました。その後、共振を抑えるダンパー設置工事をして2002年に改めて開通されました。

「ハリーポッターと謎のプリンス」の冒頭で、デスイーター達が派手に壊した橋としても知られています。

 

ヘルツォーク&ド・ムーロンは2001年にプリツカー賞を受賞しています。
代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

2000年 テイト・モダン
2003年 プラダ青山店
2006年 フォンフ・ホーフェ街区
2008年 北京国家体育場
2009年 ヴィトラ・ハウス

 

写真引用:ウィキペディア

 

ライヒスターク

ライヒスターク:ドイツ連邦議会議事堂
(旧ドイツ帝国議会議事堂、ドイツ国国会議事堂)
ドイツ・ベルリン(1894年、1999年改装)
設計: パウル・ヴァロット
改修設計:ノーマン・フォスター

Gerdt, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=2800075による

 

この建物は、ドイツ・ネオバロック様式である旧帝国議会議事堂ですが、1933年に不審火によって炎上し、1999年に修復されました。
現在はドイツ連邦議会の議場として使われており、修復については、1992年の建築設計競技にてイギリス人建築家ノーマン・フォスターが選ばれて改修設計を実施しました。

 

中央にある議事堂頂上の巨大なガラス張りのドームは19世紀末の議事堂建設時のガラスドームの存在を意識していて、ドームの内部には、見学者のための二重螺旋のスロープが巡らされています。

 

Michael J. Zirbes – de.wikipedia.org: 18:21, 17. Apr 2006 . . Mijozi (Diskussion) . . 834 x 667 (156323 Byte) (* Bildbeschreibung: Deutscher Reichstag, Berlin (Vogelperspektive) * Quelle: Privatarchiv * Fotograf/Zeichner: Michael J. Zirbes * Datum: September 2004 ), パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=715380による

 

このドームの屋上からはベルリン市街を望むことがでみます。また、下を見ると議場を見ることができるギャラリーになっています。

 

Sfl0res – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=28511548による

 

ノーマン・フォスターは1999年にプリツカー賞を受賞しています。
代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

1985年 香港上海銀行
1991年 センチュリータワー
1998年 香港国際空港ターミナルビル
2000年 大英博物館グレーコート
2002年 ロンドン市庁舎
2004年 30セント・メリー・アクス (スイス・リ本社ビル)
2004年 ミヨー橋
2017年 Apple Park(アップル・パーク)

 

写真引用:ウィキペディア

 

 

 

マイレア邸

マイレア邸
フィンランド・ノールマルック(1939年)
設計:アルヴァ・アアルト

 

アルヴァ・アアルトは、フィンランドの世界的建築家で北欧モダンのデザインとして日本でも知られています。

 

アアルトは建築と家具を相互に補完し合うものと考え、建築だけでなく家具や照明器具、ガラス製品、テキスタイルまで幅広く手がけています。

アルテックという自ら立ち上げた自身のデザイン作品を生産・販売するための企業があり今でも販売されています。

代表的な作品としてスツール60や、パイミオチェアとも呼ばれるアームチェア41900ティートロリー等の家具があります。

 

 

1939年に竣工したこの建物は、ミッドセンチュリーの時代より早い時期に北欧モダンを体現していました。

産業革命後のこの時代は、スチールやコンクリートのほかプラスティックなどといった新しい素材が生まれました。

当時の建築家やデザイナーがこれらの新建材に惹かれている中で、アアルトは木の可能性を追求し、周囲の自然と調和した建物を生み出したといえます。

マイレア邸は、小高い丘の森の中に立地しており、自然との調和を体現しています。

 

アアルトの作品の中でも、このマイレア邸は最高傑作とも言われており、プランだけでなく細部に至るまで、アアルトらしい表現が多くみられます。

 

よく言われるのが、「King of Waves」とも表現されている曲線のデザインです。外観内観ともに曲線のデザインがあり、ランドスケープにおいても池のデザインなどで曲線は多用されています。

マイレア邸においても、外観で木の線材を縦方向に並べて多用した曲線のデザインを見ることができます。

そして、L型の平面形状の建物で囲まれるように計画されたプールは曲線で構成されています。

 

また、引き戸がよく使われていることでも知られています。

 

アアルトの代表的な主な作品としては次のようなものが挙げられます。

1933年 パイミオのサナトリウム
1939年 マイレア邸
1954年 ムーラッツァロの実験住宅
1959年 ルイ・カレ邸

 

日本にもファンが多いアアルトですが、アアルト自身も日本の建築や文化を評価していたことで知られています。

1930年代からアアルトは国際建築協会(CIAM・近代建築国際会議など)のメンバーとなり様々な活動していました。

 

マイレア邸webサイト
https://www.villamairea.fi/en/

Alvar Aaltowebサイト
https://www.alvaraalto.fi/en/information/alvar-aalto/

 

画像引用:ウィキペディア

 

 

建築書

著作名:建築書
著 者:ウィトルーウィルス(BC33年〜22年頃)

古代ローマ時代に書かれた世界最古の建築書です。なんと今でも翻訳もされて売っています^^

 

 

日本でよく使われている、アーキテクチュア(architecture)の英語の語源は、ラテン語の architectura になります。

 

このarchitectura を書名とした古代ローマの建築の指南書であり、現在にまで伝わっている体系的な書物のうち最も古い最古のものであり、また最も重要な書物になります。

 

内容は大きく3つの部門から構成されており、「建物をつくること」「日時計をつくること」「機械をつくること」の3つになります。

 

当時の建築技術の主流となっていた「オーダー」についての概念を記しているだけでなく、「建築は用、強、美の三つで成立する」という有名な定義もこの書に記されていたものになります。

 

古代ローマ時代に建築されていた建物としては、アテネのアクロポリスにある「パルテノン神殿」や「パンテオン」などがあります。

 

ファンズワース邸

ファンズワース邸
アメリカ・シカゴ(1950年)
設計:ミース・ファン・デル・ローエ

 

 

ファンズワース邸は、シカゴ郊外にあるフォックス川のほとりにある広い林の中に建てられた週末住宅です。

高床式になっているのは、川の氾濫に対しての対応で1.5mほど高くなっています。
折しも現在(2020年5月)川が氾濫して床下浸水しているとの情報がファンズワース邸公式サイトでも写真付きで掲載されていました。

ファンズワース邸公式サイト
https://farnsworthhouse.org/

ミース・ファン・デル・ローエは近代建築の3大巨匠の一人として有名ですが、鉄とガラスを生かした作品を多く設計しています。
このファンズワース邸も鉄の柱とガラスによる大開口が特徴的です。

 

 

写真を観察すると、床スラブ屋根スラブがあり、その外側に8本の柱(H鋼)溶接されているのが分かります。そして、内部には柱がありません。

 

 

では内部を見てみましょう。
内部はユニバーサルデザインと呼ばれる柱がない空間になっており、水回りやキッチンを中央に配置したセンターコアタイプになっています。コアの周りが、ワンルーム的に自由に使えるようになっています。

 

 

日本にはミース・ファン・デル・ローエのファンがかなりいます、それもF.L.ライトファンと並ぶ熱狂的なファンが^^
私見ですが、おそらく鉄と柱によるシンプルなデザインと高さを抑えたプロポーションが日本人受けするのかとも思われます。日本には大仏様や唐様といった大陸渡来起源の様式と別に、和様という校倉式のような高床式から派生したと思われる和様の様式があります。それらと共通する部分があるように感じます。

そのような美意識は、ミース・ファン・デル・ローエの言葉 Less is more 「より少ないほど、より豊か」にもよく現れています。

 

なお、ミース・ファン・デル・ローエはバウハウス3代目校長も努めていました。

 

写真引用:ウィキペディア

 

 

プリツカー賞受賞者について

現在、下書きストックしていた記事の公開と公開済み記事の改訂作業を進めています。

日本の近代建築設計者の系譜の記事でプリツカー賞受賞者に磯崎新を追記更新をしていたのですが、関連して本記事を作成しました。
日本の近代建築設計者の系譜

 

プリツカー賞 は正式名称は
「The Pritzker Architecture Prize」
と言い、「アーキテクチュア」という言葉があるように、「建築を通じて人類や環境に一貫した意義深い貢献をしてきた」存命の建築家を対象としています。

アメリカのホテルチェーン「ハイアットホテルアンドリゾーツ」のオーナーであるプリツカー一族が運営するハイアット財団から建築家に対して授与される賞です。

 

1年に1人表彰されていますが、副賞として10万ドルとブロンズのメダルが授与されています。

メダルの意匠ははじめはヘンリー・ムーアによる彫像でしたが、1986年以降はルイス・サリヴァンの作品をモチーフにしています。また、世界最古の建築技術書とも言われる「建築書」の著者ウィトルウィウスの3つの言葉が刻まれています。

 

画像引用:ハイアット財団公式サイト https://www.pritzkerprize.com/about

左:「FIRMNESS」=堅牢、右:「COMMODITY」=便利、下:「DELIGHT」=喜び

 

2020年現在、日本人受賞者は昨年受賞となった磯崎新を含め次の7(8)名になります。
せっかくなので代表的な作品を合わせて表にしてみました。よく取り上げられる作品や日本建築学会賞受賞作品のほか、受賞後の作品もピックアップしてみましたので、作品名の頭に建築年を記載しました。資格試験を勉強している方には特に役に立つと思います^^

受賞年 受賞者 代表作品 備考
1987年 丹下健三 1953丹下健三自邸
1953愛媛県民館(旧 愛媛県民会館)
(日本建築学会賞)
1954図書印刷株式会社原町工場(日本建築学会賞)
1955広島平和記念館
1957倉吉市庁舎(日本建築学会賞)
1958香川県庁舎(旧庁舎)
1964国立代々木競技場(日本建築学会特別賞)
1964東京カテドラル
1966山梨文化会館
1967静岡新聞・静岡放送東京支社ビル
1977草月会館
1991東京都庁舎
1996フジテレビ本社ビル
東京計画1960

2005年死去

1993年 槇文彦 1960名古屋大学豊田講堂(日本建築学会賞)
1969〜代官山ヒルサイドテラス
1972加藤学園暁秀初等学校
1985スパイラルビル
1986京都国立近代美術館
1989幕張メッセ
1990東京体育館
1994霧島国際音楽ホール
1997千葉県日本コンベンションセンター国際展示場
2003テレビ朝日本社ビル
2003朱鷺(とき)メッセ
2013フォーワールドトレードセンター
丹下健三研究室出身

著書
見えがくれする都市

1995年 安藤忠雄 1976住吉の長屋(日本建築学会賞)
1981小篠邸(KHギャラリー)
1983六甲の集合住宅
1984TIME’S
1986城戸崎邸(吉田五十八賞)
1989光の教会
1992ベネッセハウスミュージアム
1995ベネッセハウスオーバル
2000国立国会図書館 国際子ども図書館
(安藤忠雄ほか)
2002フォートワース現代美術館(アメリカ)
2004地中美術館
2006表参道ヒルズ
2007 21_21 DESIGN SIGHT
2010年 妹島和世
西沢立衛 (SANAA)
1996岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー
マルチメディア工房(日本建築学会賞)
1998〜2000岐阜県営ハイタウン北方
(妹島和世ほか)
2004金沢21世紀美術館(日本建築学会賞)
2005森山邸(西沢立衛)
2010豊島美術館(西沢立衛)(日本建築学会賞)
2013年 伊東豊雄 1984シルバーハット(自邸)(日本建築学会賞)
1996長岡リリックホール
1997大館樹海ドーム(ニプロ・ハチ公ドーム)
2000せんだいメディアテーク(日本建築学会賞)
2003東雲(しののめ)キャナルコート
(伊東豊雄ほか)
2007多摩美術大学附属図書館
2015みんなの森ぎふメディアコスモス
2014年 坂茂 1997羽根木の森
2005ノマディック美術館(アメリカ)
2007ニコラス・G・ハイエックセンター
(日本建築学会賞)
2010ポンピドー・センター・メス(フランス)
2011女川町3階建コンテナ仮設住宅
2014アスペン美術館(アメリカ)
2014大分県立美術館
2015女川駅
2017富士山世界遺産センター
2019年 磯崎新 1960大分医師会館
1966大分県図書館(1988アートプラザ)
(日本建築学会賞)
1974群馬県立近代美術館(日本建築学会賞)
1975北九州市立中央図書館
1986ロサンゼルス現代美術館(アメリカ)
1990水戸芸術館
1991八代(やつしろ)市立博物館
1994豊の国情報ライブラリー
1995京都コンサートホール
1998なら100年会館
著書
建築の解体

※ゴシック印は建築士試験でも出題されたことのある建築作品です。

 

大物建築家としては谷口吉生、内藤廣、隈研吾、などまだまだ候補がいますね。日本人受賞者がとても多い賞ですが、まだまだ層の厚さが日本の建築設計界にはあります。
黒川紀章は亡くなられているので対象にはならないです。

 

参考サイト

ハイアット財団公式サイト

 

 

賀茂別雷神社

賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ) 本殿、権殿(1863年、京都府)

賀茂別雷神社は通称「上賀茂神社」と呼ばれており、京都北部に立地しています。

賀茂別雷神を祀る神社は全国に数多くありますが、その広く普及する要因を多く持っている神社です。

本殿は、切妻・平入流造の形式となっており神社としての必要な空間を持っています。
流造は全国で最も普及している形式で時に寺院でもみられることがあります。

流造の形状は、写真(本殿には入れなかったので境内の建物をみてください・・)のように桁側がスキーのジャンプ台のように反っているのが特徴です。
その反りの先に前面の庇といえる向拝(こうはい)の屋根になります。

 

境内の建物の多くに流造がみられる

神社ですが、伊勢神宮や出雲大社のように千木(ちぎ)や鰹魚木(かつおぎ)はありません

柱は掘立(ほったて)や礎石(そせき)ではなく井桁(いげた)の上に建っており、これは春日大社でもみられます。

井桁:建物の足元に横材があります

境内にあるほとんどの社殿(建物)が国の重要文化財指定を受けています。

また、社殿ほかを維持継承するために、式年遷宮(しきねんせんぐう)を行っているため平安時代からほぼ変わらずの姿を維持していることから平成6年に境内全域を対象として世界文化遺産に登録されました。

式年遷宮は、伊勢神宮や出雲大社でも行われています。

写真撮影:ブログ管理者

平等院鳳凰堂

平等院鳳凰堂(1053年、京都府)

十円玉でお馴染みの平等院鳳凰堂は、鎌倉時代に入る少し前に藤原氏により宇治の別荘を寺院とした建物です。

この頃は、豪族が勢力を誇る荘園時代で鎌倉時代に入るのはここから100年ほど先になりますが、既にこのような洗練された建築が生まれていました。

当時、貴族と呼ばれる上流階級の人々は、阿弥陀仏を拝み極楽浄土の夢をみていました。この平等院鳳凰堂もその流れを汲み、阿弥陀如来の住んでいるという極楽浄土をイメージして造られています。

この建物は阿弥陀堂ですが、一般的には「鳳凰堂」と呼ばれています。
鳳凰が翼を広げているかのような姿より江戸時代に鳳凰堂と呼ばれるようになったと言われています。

 

建物の中央に配置されているのが中堂になります。中堂の身舎には庇をつけず、直接裳階を取り付けています。

中堂内部には阿弥陀如来像が鎮座しており、内部の装飾は極楽浄土を表現した華麗な彫刻を見ることができます。当時は着色が施されていたことがわかっています。中堂から両側に伸びているのが翼廊、後ろに張り出しているのが尾廊になります。

手すりに見える高欄の位置を高くし、また、屋根の反りをつけ、あたかも今から羽ばたくかのような姿になっています。

南北に位置する翼廊は人が入れないほど屋根裏が低くなっていますが、これは足元も高い床を張って足の下の空間を作り、庭園の広がりを建物を通して感じるようにする視覚的な仕掛けになっています。

 

写真撮影:ブログ管理者

パルテノン神殿

パルテノン神殿(紀元前447−432ギリシャ・アテネ)世界遺産

エジプトや地中海周辺は紀元前の建物の残る古い歴史を持つエリアになります。その中の一つにギリシャ・ローマ時代の建築がありますが、とりわけよく知られているのが「パルテノン神殿」かと思います。

 

紀元前8世紀頃より、ギリシャ人はポリスとよばれる小国家を建設していました。そこでハイレベルな文明を築いてきましたが、都市の要塞エリアである「アクロポリス」と生活エリアとなる「アゴラ」という大きく2つのエリアで都市を構成していました。

アゴラエリアには神殿や議事堂などもあり、「パルテノン神殿」もこのエリアであるアテネのアクロポリスの丘に建築されています。

現在修復中のパルテノン神殿

パルテノン神殿は紀元前432年頃に建設されたと言われていますが、この頃「オーダー」と呼ばれる建築のある意味手法を生み出しています。適当に作るのではなく、序列や配列などルールに基づいて構成する形式が出来上がったと言えます。

そういう意味ではオーダーは建築・設計技術といえます。この世界最古ともいえる建築の手法はウィトルー・ウィウス著作による建築書として残されています。現在でも読むことができますし、日本語訳も出版されています。

オーダーには「ドリス式」「イオニア式」「コリント式」の3種類があり、パルテノン神殿においてはドリス式とイオニア式が採用されています。

パルテノン神殿は、神殿の外周部に柱が並ぶ周廊式になっています。ここで使われているのがドリス式のオーダーです。
柱はほんの少し傾けられています。これは床が凹んで見えないようにするための視覚的な工夫です。また、柱の真ん中あたりが少し太くなっているのも安定して見えるようにするための視覚効果の工夫で、エンタシスと呼ばれています。

内部には部屋がありますが、その一つに使われている柱はイオニア式のオーダーとなっています。

現在の姿は大理石の白い色をしていますが、実は当時はカラフルであったことが最近の調査でわかってきています。

歴史の変遷のムービーがYouTubeに公開されていました。
https://www.youtube.com/watch?v=3T7_oi985dg#action=share

 

写真引用:ウィキペディア

真野ふれあい住宅


真野ふれあい住宅(1997年、兵庫県)
設計者:神戸市

1995年に発生した阪神淡路大震災後の、応急仮設住宅に入居をしていた高齢者が退居した後の住居としてを中心に入居しているコレクティブハウス*1)になります。

Manohureai01

鉄筋コンクリート造の3階建てとなっており、高齢者向けの住戸として21戸と、一般向け住戸として8戸の合計29戸の住戸にて構成されています。全住戸ともにバリアフリー化され、各住戸内には台所、浴室、便所などがあります。これらのほかに共用施設として共同で利用できる食堂や厨房のほか談話室も用意されています。

Manohureai02

*1)コレクティブハウス
居住者の相互扶助活動を生かして、共同の食事室や託児室などの共用施設を住棟内に設けた協同居住型の集合住宅です。
「コレクティブ」とは集合的、集団的の意味であり、高齢者用コレクティブハウスはシルバーハウスと呼ばれています。

写真撮影:管理者2014年6月


Top