Browse Day: 1月 16, 2014

三菱一号館

三菱一号館(1894年建築、2009年レプリカ再建)
設計者:ジョサイア・コンドル、曽禰達蔵

Mitsubishi Ichigokan01明治時代に建てられた丸の内最初の西洋風事務所建築です。現在の建物はレプリカ再建されたもので美術館として使われています。
この当時の事務所建築は組積造となっており、廊下で個室をつなげる形式や棟割り長屋形式を採用していた。
構造や通風採光の関係により3階建て程度の建物となっている。
レプリカ再建においては「大手町・丸の内・有楽町地区特例容積率適用地区」制度が利用され、東京駅の未利用容積の容積移転先のひとつです。これにより延べ面積を増やして収益床を確保しています。

写真引用:ウィキペディア


Top