Browse Category: 学校

八幡浜市立日土小学校

八幡浜市立日土小学校(やわたはましりつひづちしょうがっこう)
1956年、愛媛県八幡浜市、重要文化財
設計:松村正恒

日土小校舎1写真引用:八幡浜市立日土小学校WEBサイト
http://www.yawatahama.ed.jp/cms/hizuchi-es/

2012年に日本建築学会賞および国重要文化財に指定された木造モダニズム建築でとても珍しい学校建築です。また、2階建ての木造校舎は、一部に鉄骨トラス梁や鉄筋部レースを採用しています。

43967 188533150717212047384 600
写真引用:文化財遺産オンライン
http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/267453

カーテンウォール方式による水平に連続する窓や、喜木川に張り出したテラスなどのモダニズムの要素のほか、緩やかな外階段、切妻屋根などの勾配屋根により、周囲への景観配慮などもされています。また教室は、クラスター型による計画がされていることも特徴的です。

17日雪景色1
写真引用:八幡浜市立日土小学校WEBサイト
http://www.yawatahama.ed.jp/cms/hizuchi-es/

2006〜2008年にかけて東校舎および中校舎を改修し、西校舎は普通教室追加による改築
が行われました。なお、東校舎においては教室と廊下の間に中庭を設け、通風換気と両側採光による明るさの確保がされています。

1999年にDOCOMOMO*1)に選出され、2007年には八幡浜市文化財に指定されています。

*1)DOCOMOMO20選
モダン・ムーブメントにかかわる建物と環境形成の記録調査および保存のための国際組織
do.co.mo.mo_japan

開智学校

開智学校(重要文化財)
長野県(1876年)
設計:立石清重

Kaichi01 S tomokazu

写真撮影:@S_tomokazu 2015年5月

この時代(明治初期)までの学校校舎としてはお寺のお堂などを使っていました。いわゆる寺子屋といえます。
文明開化の時代を受け、棟梁であった立石清重が洋風建築を東京で学び設計施工した建築です。
伝統的な和風のデザインに洋風スタイルを取り入れた擬洋風建築となっていますが、外観の形状には次のような特徴があります。屋根に突き出した八角形の塔屋や車寄せの唐破風などにより構成される瓦屋根となっています。
壁は木造下地の上に漆喰にて仕上げられています。エントランス部分は車寄せとなっており、その上部にはエンジェルの彫刻が施されています。また、バルコニー下には竜の彫刻があり、独特な正面ファサードとなっています。

640px Former Kaichi School03 1024

写真引用:ウィキペディア

当時、ギヤマンと呼ばれる色ガラス製品も流通しはじめており、開智学校でも取り入れられていることにより「ギヤマン校舎」と呼ばれたりしています。
なお、開智学校とは日本最初の学校制度である教育法令の序文にある「智を開き才芸を長する」からネーミングされています。
この開智学校が取り上げられるのは、その後の小学校建築に多大な影響を与えたからです。


Top