Browse Category: 図書館

せんだいメディアテーク

せんだいメディアテーク
宮城県(2000年)
設計:伊東豊雄

IMG 0419

写真引用:http://blog-imgs-31.fc2.com/s/h/a/shachonoblog/

建築家・伊東豊雄*1)の代表作品として知られています。特に立体トラス的なチューブによる柱とハニカムスラブのみで地上の構造を構成していることで注目された建築であり、地下2階地上7階建ての鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造)となっています。

仙台市図書館、ギャラリー、映像メディアセンターなどからなる公共文化施設です。「メディアテーク」という言葉は、フランス語由来でメディアを納める入れもの的な意味があります。
建物の機能としては、その名の通りさまざまなメディア情報に関するサービスやプログラムが用意され、美術や文化活動の拠点として活発な活動が行われています。

Sendai media02

写真引用:http://www.smt.jp/en/

構造的には、13本のチューブ(鋼管トラス)により6枚のスラブを支える立体構造となっており、チューブ内に階段室、エレベータ、設備シャフトなど自然採光を取り入れる仕掛けも施されています。また、床スラブは約400mmのスチール・ハニカムスラブにより構成されています。

Sendai media03

写真引用:ウィキペディア

*1)伊東豊雄
菊竹清訓設計事務所出身。1971年に独立し当初は閉ざされた建築の作風であったが自邸である「シルバーハット」にて開かれた空間の作風に変貌しています。
そのほか建築作品として注目される建築としては「東雲キャナルコートCODAN2街区」、「長岡リリックホール」、「八代市立博物館・未来の森ミュージアム」、「多摩美術大学図書館」などがあります。
2013年プリツカー賞受賞。

せんだいメディアテーク公式サイト
http://www.smt.jp/

日野市立中央図書館

日野市立中央図書館
東京都(1973年)
設計:鬼頭梓

Hinosiritsu lib01

写真引用:http://livedoor.blogimg.jp

日野市立図書館は1965年に設立され、1台のブックモビル*1)による移動図書館のサ-ビスが開始されました。1966年に高幡図書館と多摩平児童図書館が開館しました。
1971年に平山児童図書館が開館したのち、移動図書館や分館による地道な活動を先行させ注目を集めていた日野市立図書館の館長・前川恒雄と建築家・鬼頭梓*2)が出会い、1973年に中央図書館は鬼頭梓の設計により開館しました。
これまでは図書館は閲覧が中心でしたが、前川恒雄館長の「図書館は建物ではなく,貸出サービスの全システム」という理念により、現在の住民への貸し出しサービス主体の図書館の先駆け的な図書館となりました。

Hinosiritsu lib02

写真引用:http://d.hatena.ne.jp/sawane/20081210

施設は1階が間仕切りのないL型の形状となっており、一般と児童の閲覧が明快に分離した平面形状となっています。
日野市立図書館の図書館活動が全国の市町村の手本となり、日本の公共図書館の歴史を決定的に方向付けるほどの影響を各分野に与えました。

*1)ブックモビル
移動/自動車図書館
参考:日野市立図書館ー移動図書館『ひまわり号』いまむかし

*2)鬼頭梓(きとう あずさ)
1926年生〜2008年没
前川國男建築設計事務所に入所中は神奈川県立図書館・音楽堂、国立国会図書館、世田谷区民会館・区役所等を担当した図書館設計のエキスパート。
1964年に退所し、鬼頭梓建築設計事務所を設立後、東京経済大学図書館(1968年)にて注目を浴びた。

国立国会図書館関西館

国立国会図書館関西館(2002年、京都府)
設計者:陶器二三雄(とうきふみお)

Th National Library Kansai書庫を地下閲覧室を半地下に計画し、建物の地上部分のボリュームをおさえて景観上の調和に配慮した図書館です。
地下部分は全体の3/5を占めており地下2〜4階が書庫となっています。地上部分の屋根は屋上緑化されてたのこぎり状の屋根形状となっており、ハイサイドライトにより室内への自然採光を確保しています。
外壁は模様入りのガラスによるダブルスキンとなっています。
内部動線は、利用者と管理者の動線を明確に分離しているほか、効率的な運搬計画や空調負荷および構造負荷の軽減などを図り効率的な書庫の環境を実現しています。

写真引用:ウィキペデア


Top