Browse Category: 世界遺産

サン・ピエトロ大聖堂

サン・ピエトロ大聖堂
16〜17世紀:バチカン市国

St Peter s Square Vatican City April 2007

旧聖堂*1)の改築により建てられた世界最大の教会堂です。
計画にはミケランジェロベルニーニなどの多くの芸術家が参加しています。ルネサンスからバロック時代にかけて作られた建物です。
ルネサンスでは集中&求心的な平面ですが、この大聖堂はバロック的な軸性の感じられる平面や楕円をモチーフにした形状が見受けられます。

Vatican StPeter Square

中央にある巨大なドームはミケランジェロのデザインがベースとなっており、正面に張り出した長方形の部分はマルデナによる建造です。また、全面広場と「コロネード」と呼ばれる列柱はベルニーニによる建造となっています。

View of saint Peter basilica from a roof

楕円形の広場は軸性が感じられる形状であり、中央には「オベリスク」が配置されています。

*1)旧サン・ピエトロ大聖堂
使徒ペテロの墓の上に建てられた教会堂。現在のサン・ピエトロ大聖堂の前身

写真引用:ウィキペディア

国立西洋美術館本館の改修保存


国立西洋美術館本館
東京都(1959年)
設計:ル・コルビュジエ

注目!
2016年7月17日に「世界文化遺産」に決定しました。

Th National museum of western art05s3200

写真引用:ウィキペディア

フランスからの松方コレクション返還に際して建設されました。
ル・コルビュジエ*1)による基本設計ののち、弟子の前川國男坂倉準三吉阪隆正*2)らが実施設計を担当しました。

Th National museum of western art06n3200

写真引用:ウィキペディア

その後、美術館本体を保存活用するため1998年に改修工事が行われました。この際「免震レトロフィット工法」*3)が採用され、竣工時の形態を保ったまま安全性を高めています。

Th SEISMIC RETROFIT MECHANISM OF THE NATIONAL MUSEUM OF WESTERN ART TOKYO 20100321

写真引用:ウィキペディア

《ル・コルビュジエの主な作品》
◇建築作品◇
サヴォア邸(1931年)
ユニテ・ダビタシオン(1952年)
ロンシャンの礼拝堂(1955年)
ラ・トゥーレット修道院(1958年)
◇都市計画◇
300万人のための現代都市(1922年)
ユルバニスム(1924年)
ヴォアザン計画(1925年)
輝く都市(1933年)
チャンディーガル(1951年〜)唯一実現した計画
◇著作◇
建築をめざして(1923年)
モデュロール1(1948年)
モデュロール2(1955年)

*1)ル・コルビュジエ
「近代建築の三大巨匠」のひとりです。
ほかは「フランク・ロイド・ライト」と「ミース・ファン・デル・ローエ」(バウハウス3代目校長)になりますが、バウハウス設計者であり初代校長でもありヴァルター・グロピウスを加えて四大巨匠と称されることもあります。

*2)前川國男、吉阪隆正、坂倉準三
ル・コルビュジエに師事した日本人の三人の弟子です。

*3)免震レトロフィット工法
既存建物の基礎部に免震装置して耐震性能の向上を図る工法です。構造体の補強をほとんど行わなくて済むため外観デザイン等を維持することができます。
東京駅丸の内駅舎にも採用されている。

改訂:2016年7月17日

鹿苑寺(金閣寺)

鹿苑寺(金閣寺)(ろくおんじ きんかくじ)
1398年(京都府)世界遺産

Rokuonji01

足利義満による建立された舎利殿です。三層の楼閣建築となっており、三層目は禅宗様仏堂の形式二層目は和様仏堂風一層目は住宅風と欲張りな構成になっています。当初は北山殿と呼ばれており、北山文化の代表とされていました。足利義満死後、鹿苑寺と呼ばれるようになりました。金閣寺として知られていますがこの名称は俗称です。

また、昭和25年に焼失しており、国宝解除されています。焼失前の写真では二層に連子窓が確認できますが、現在の建物は再建されたもので連子窓はありません。なお、足利義政により慈照寺、いわゆる銀閣寺が建立されているが東山文化の代表とされています。




Rokuonji02


















写真引用:ウィキペディア













Top